【まとめ】VIDEO SALON12月号連動「映像制作のための音響講座」全ラインナップはこちら!


VIDEO SALON12月号(11月20日発売)は「映像制作のための音響講座」特集です。

スマートフォンでの視聴が進み、イヤホンやヘッドホンでのモニタリングが中心になった今、明確に差が分かってしまうのが音声のクオリティです。いまやノイズまではっきりと聞こえてしまう時代。基本のマイク収録からMA、ロイヤリティフリー音源の選曲と編集加工術、フォーリー、iZotope RXによる音のリペア、Adobe Premiere Pro&Audition、リモートナレーションのノウハウ、音声のモニタリング環境などなど、音質をブラッシュアップして、さらに音でも演出していく実力を身につけるための特集になります。

ウェビナーのラインナップは以下になります。

 

VSW077「Adobe Auditionでプロ並み音響MIX術」リモート収録ナレーションを活かす!(講師:沖田純之介)

映像業界、音楽業界で長きにわたって、数々の映画、CMMV、ライブ作品を制作されてきたサウンドデザイナーの沖田純之介さんをお迎えして、映像ディレクター、ビデオグラファーなど、音の仕上げもやらなければならない人に向けてお届けします。映像編集後、音はどう処理してよいのか分からないことが多くないでしょうか? MAに入れる予算があればサウンドエンジニアに丸投げできますが、そうではないプロジェクトも多いはずです。今回はそんな「音の仕上げもやらなければならない」ディレクターやエディター向けにAdobe Auditionを使って、音の仕上げ方法をSpotCMを例にして解説してきます。ふだんはProToolsを使っているサウンドデザイナーが、Auditionでもプロ並みのクオリティが実現できる方法をお伝えします。また、最近は宅録ナレーターも増えてきました。安価に導入できるZoom H2nを使って遠隔操作でナレーションを録音する方法と、ナレーションのMIXの方法も解説します。

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。アーカイブの販売も予定されています。

 

VSW078「ロイヤリティフリー音楽 選曲のコツと編集術」映像と音楽のシンクロ演出を目指す!(講師:ナカシマヤスヒロ

国内外問わず、CM映像、ドラマ、アニメーション、ミュージカルの音楽制作を手掛けられているナカシマヤスヒロさんをお迎えして、映像ディレクター、ビデオグラファー、フォトグラファーなど音楽の専門家ではない方々に向けてお届けします。ナカシマさんは、作曲家になる前は、ADとして映像制作会社に就職後、企画から撮影・編集まで担当する映像ディレクターとして活動されていました。その後、作曲家の道に進んでいますが、現在も映像ディレクターとしてのお仕事もされています。映像クリエイターの悩みが分かる作曲家としての立場から、ロイヤリティフリー音楽の選び方、使い方、編集加工の方法などを紹介していただきます。

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。アーカイブの販売はありません。

 

VSW079「フォーリーアーティスト が教える効果音の世界」映像の臨場感がグッと上がる!(講師:渡邊雅文)

フォーリーサウンドとは、足音やなにかを食べる音、ドアを開ける音など登場人物の身の回りの音を様々な道具を駆使して作り上げる手法です。ナレーションなどと同じように映像を流しながら、その場で音を作り収録していきます。こうした効果音が加わることで映像にグッと臨場感が増してきます。この講座では、映画やアニメを主戦場に活躍するフォーリーアーティストの渡邊雅文さんを講師に迎え、フォーリーサウンドとはなにか? どうやって音を作り、録音・整音していくのか? 奥深いフォーリーサウンドの世界を紹介します。

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。アーカイブの販売も予定されています。

 

VSW080「映像のための音声収録BASIC 2021」(講師:鈴木佑介)

人気映像作家の鈴木佑介さんを講師に招き、音声収録の基本に立ち返って、「音を録る」行為に対しての基礎知識をお届けします。鈴木さんが公の場で音響セミナーを行うのは今回が3年ぶり。過去、大好評だった音声セミナーの内容を2021年度版にブラッシュアップ。いかに現場で綺麗な音を録るのか、明日から使えるTipsが散りばめられた怒涛の90分、お楽しみください。

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。アーカイブの販売も予定されています。

 

 

VSW081「iZotope RXを利用して音の問題を解消する」(講師:牧瀬能彦)

iZotope RXは、映像作品のMAの現場でプロフェッショナルが利用しているノイズ除去・オーディオリペアツール。映画、テレビ、アニメやゲーム業界の音の仕事には欠かせない存在です。このウェビナーでは、名作ドラマを長年にわたって「音」で支えてきた牧瀬能彦さんをお迎えして、映像制作者向けに、iZotope RXの映像作品における使い方について、実践的に教えていただきます本ウェビナーはiZotope RXをまだ使ったことがない初心者や、使ってみたけどうまく使いこなせないという人を対象にお届けします。また、牧瀬さんの本職である効果音の活用方法についても実践していただきます。

終了しました。多数のご参加ありがとうございました。アーカイブの販売も予定されています。