VSW084 バラエティー班が作る経済・ビジネス専門チャンネル「日経テレ東大学」の作り方 講師:高橋弘樹


 

VIDEO SALON1月号(12月20日発売)の特集は「元・現テレビスタッフによるYouTube講座」です。

ここ2〜3年でテレビ業界のスタッフが手がけるYouTubeのチャンネル・動画が目立つようになりました。彼らがどのようにYouTubeと向き合い、どこにテレビ的なメソッドを使って、あるいはそのメソッドのどこに変更を加えて、実際の制作に落とし込んでいるのか…。元・現テレビスタッフがYouTubeで実践している制作過程の新しいスタンダードを抑え、明日から使えるプロの制作テクニックとYouTube活用術を学びます。

この講演は2021年4月からスタートし、約半年でチャンネル登録者数13万人、総再生回数1400万回を達成したYouTubeチャンネル「日経テレ東大学」の企画者で、チャンネル内動画コンテンツの演出・プロデューサーをつとめるテレビ東京の高橋弘樹さんを講師に迎え、番組の企画や制作の裏側についてお話を伺います。『家、ついて行ってイイですか?』『吉木りさに怒られたい』などの企画・演出を手がけたテレビプロデューサーである高橋さん。YouTube番組では自ら脚本を書き、ときにはMCとして番組を回し、さらにはカメラも回すこともあるそうです。経済やビジネスといった難解なものになりがちなテーマをいかに噛み砕いて楽しく見せるのか? 高橋さんの番組作りの手法に迫ります。

 

※応募の締切は11月8日(月)18時30分となります。

❇︎当日、都合により参加できない場合は、翌日以降、メールでご連絡するアドレスから1週間限定でアーカイブを視聴することが可能です。

 

●登壇者

高橋弘樹(Takahashi Hiroki)

 2005年テレビ東京入社。演出、プロデューサー以外に、カメラ、脚本も手掛ける。  企画・演出番組に『家、ついて行ってイイですか?』『ジョージ・ポットマンの平成史』『吉木りさに怒られたい』『蛭子さん殺人事件』『浦和から持ってきて』、カメラマン、ディレクターとして『空から日本を見てみよう』『世界ナゼそこに?日本人』など。
 YouTubeでは日本経済新聞社とテレビ東京HDによる共同の動画チャンネル『日経テレ東大学』、AKB48の『乃木坂に、越されました』を企画・演出。
 映像制作に関する著書に『TVディレクターの演出術』(筑摩書房)、『1秒でつかむ』(ダイヤモンド社)、『敗者の読書術』(主婦の友社)など。
 近著に佃島・妙見島・城南島など「東京23区の島」を巡り、そこで出会った21人の人生譚を記した『都会の異界 東京23区の島に暮らす』(産業編集センター)。
 朝日新聞withnews、アーバンライフメトロなどに「映像制作」「旅」に関するコラムを執筆。

日経テレ東大学のWEBサイト

 

●講座の内容(予定)

1.高橋さんの自己紹介・キャリアについて

2.テレビマンの視点から見るYouTube観

3.日経テレ東大学とは(番組紹介と企画の発端など)

4.日経テレ東大学の企画から制作、配信までのフロー紹介

5.日経テレ東大学の制作体制

6.企画や制作の面でのテレビとYouTubeの違い

7.YouTubeに取り入れられるテレビの手法

8.YouTube運営のマイルール

9.YouTube運営の成功談と失敗談

10.Q&A

 

▼日経テレ東大学で配信中のYouTube番組

『Re:Hack』

成田悠輔×ひろゆきが日本や世界の根本的な問題に新しい視点を提供し再定義(ReHack)するトーク番組

 

『FACT LOGICAL』

世の中に溢れる事実(ファクト)を論理的(ロジカル)に読み解く経済討論番組

 

『Re:presentation〜成功の本質〜』

日本マイクロソフトの元業務執行役員で「プレゼンテーションの神様」とも呼ばれた澤円が成功するプレゼンテーションの本質を解説

 

※応募の締切は11月8日(月)18時30分となります。

❇︎当日、都合により参加できない場合は、翌日以降、メールでご連絡するアドレスから1週間限定でアーカイブを視聴することが可能です。

 

●開催概要

日時:2021年11月8日(月)18時45分(開場)、19時(開演)

参加料金:

「ウェビナー単体受講」税込4,070円

「ウェビナー受講+VIDEO SALON 1月号セット」税込5,500円
※ウェビナー受講と雑誌VIDEO SALON 1月号のセットです。雑誌は2021年12月20日頃にお届けします(到着は地域によって異なります)。

 

当日のタイムテーブル:(進行によって変動します)

19:00-19:05‌ 趣‌旨‌説‌明・登壇者紹介・‌参‌加‌者‌リ‌ア‌ル‌タ‌イ‌ム‌ア‌ン‌ケー‌ト‌

19:05-20:30 講‌演 ‌

20:30-20:35 休‌憩‌ ‌

20:35-20:55 質‌疑‌応‌答‌ ‌

20:55-21:00   お‌し‌ら‌せ・‌閉‌会‌ ‌

 

※応募の締切は11月8日(月)18時30分となります。

❇︎当日、都合により参加できない場合は、翌日以降、メールでご連絡するアドレスから1週間限定でアーカイブを視聴することが可能です。

 

●1月号特集「元・現テレビスタッフによるYouTube講座」について

ここ2〜3年でテレビ業界のスタッフが手がけるYouTubeのチャンネル・動画が目立つようになりました。彼らがどのようにYouTubeと向き合い、どこにテレビ的なメソッドを使って、あるいはそのメソッドのどこに変更を加えて、実際の制作に落とし込んでいるのか…。元・現テレビスタッフがYouTubeで実践している制作過程の新しいスタンダードを抑え、明日から使えるプロの制作テクニックとYouTube活用術を学びます。

 

● ウェビナーご参加の流れ

①Peatixでチケットをご購入(確認メールが届きます)

②Peatixでチケット購入時にお届けする申し込み完了メールにて、ウェビナーへ参加するためのURLをお知らせします。

③受け取ったURLでウェビナーを受講(ウェビナーを利用できる環境をそれまでにご準備ください。動画を視聴する関係上、できましたら回線速度が確保されている有線LANの環境をお勧めします)。また、動画はVimeoなどの関連リンクを事前、もしくは随時提示する場合がありますので、できるだけ大きめのディスプレイが快適です。Vimeoライブの機能としてQ&Aを利用して、講師に質問することも可能です。

④復習、もしくは回線の関係で視聴できなかった場合は、1週間限定で公開されるVimeoのアーカイブ動画をご覧ください(URLの拡散はご遠慮ください)。ウェビナーの翌日に参加者の皆様にメールにてご案内いたします。

 

●注意事項

*ウェビナーの録画・スクリーンショットは禁止とさせていただきます。
*スマホのキャリアメールでPeatixからのメールが届かない事例が報告されています。登録はPCメールかGmail、Yahooメール等のフリーメールを推奨します。
*ウェビナーは有線LANで接続したPCでの視聴を推奨します。ご視聴の回線環境によっては動画の解像度やフレームレートが低減する可能性がございます。

 

●主催

玄光社 VIDEO SALON編集部/サロン・エージェンシー

 

●問い合わせ先

VIDEO SALON WEBINAR事務局
seminar@genkosha.co.jp(メール)

 

 

●●VIDEO SALON WEBINARの動画を販売中!●●