ATOMOS、モニター一体型レコーダ「SUMO」を発表


ATOMOS Global Pty Ltd(オーストラリア・メルボン)は、4月24日から米国ラスベガスで開催の2017 NAB SHOW にて、モニター一体型レコーダーの新製品「SUMO」を発表した。

4K 60p映像の Apple ProRes/Avid DNx 収録に対応した SHOGUN INFERNO の基本性能を踏襲し、19型 HDR対応1200nit液晶を搭載した、モニター一体型レコーダー。カメラ向けモニターとして発売していた従来製品と異なり、19型パネルのサイズを活かした、スタジオやオンセットの撮影クルー、ディレクター向けの用途を想定している。

出荷予定は2017年第三四半期、発売価格は336,800円(税込)を予定している。日本国内での発売日、発売時に実現する機能については詳細が分かり次第発表される。

主な特徴
・19型1200nit 1920×1080ドット高輝度HDR対応パネル採用(キャリブレーション対応)
・HDR撮影環境 / グレーディング環境のモニタリングをサポートする “Atom HDR モード” 搭載
・12G SDI / クワッドリンクSDI(3Gx4)/ HDMI 2.0 による4K 60p入力に対応
・Canon RAW / Panasonic Varicam LT RAW / Sony FS RAW入力対応
・4ch HD 60p ライブスイッチ / 収録機能
・XLRファンタム電源対応オーディオ入力
・リアルカラートーンを確認できる3D LUT適用機能
・バッテリー運用時も運用を途切れさせないバッテリー切り替え機能

商品名:ATOMOS SUMO
型 番:ATOMSUMO19
定 価:336,800円(税込)/ 311,852円(税別)
発売日:2017年第三四半期予定

同梱物
SUMO本体/マスターキャディー2(SSDケース)x1/本体用ACアダプター/クイックスタートガイド(簡易マニュアル)