ライブハウスからのネットストリーミング現場レポート(12月1日/ THE LAKE MATTHEWS @青山・月見ル君想フ)


マルチカメラとスイッチャーを利用した、ライブハウスからの配信現場レポート。アーティストは、シンガーソングライターの杉瀬陽子さん、そして元キリンジの堀込泰行さんも参加するTHE LAKE MATTHEWS。12月1日のレコ発ライブの様子を丸ごとネットストリーミングで流すということで、我がFUJIYA AVICチームが総力をあげて技術を担当した。

Report◉長谷川智志(FUJIYA AVIC

場所はライブハウス:青山・月見ル君想フ

ステージ背景の大きな月がとても幻想的で象徴的な現場(月などの画はプロジェクションマッピングで投影しているとのこと)。ザ・レイク・マシューズが奏でる音楽にもとてもマッチしていた。

 

配信システムについて

配信はYouTube Liveであり、エンコーダーはLiveU Soloを採用した。本来はケータイキャリアを使って無線で配信したかったのだが、会場内の電波状況が悪かったために無線は諦め、有線LANを引かさせてもらうことにした。

エンコーダーは新製品のLiveU Soloを使用した。

LiveU Soloの専用サーバーに入って、PCで管理。

ブラウザ内のSPEEDTEST上でも安定した速度が確認できていたので、回線に関しては不安要素はなく、配信はLiveU Soloに任せられると判断。その分映像制作チームは、音楽をしっかり聴いて、画作りに専念することができた。映像スタッフ側のカメラもスイッチングも言わばライブ演奏に近い。ストリーミング配信ということもあり、ライブの雰囲気の良さをそのまましっかり視聴者に伝えることを第一に考えた。

SPEEDTESTでも十分な速度を確認できた。

YouTube Liveで配信(テスト配信中の画面)

結果からいうと、アンコールも含めて全ステージを無事に配信することができ、多くの人にリアルタイムに視聴していただくことができた。ただしYouTube Liveのアーカイブは諸事情のため非公開になっている。

やはり”LIVE”なので当日しか見れない番組となっているが、終演後も多くのご要望をいただき、関係者の中で吟味した数曲切り抜き、映像の再アップロード~公開するというサービスが行われている(このレポートの最後に)。

 

マルチカメラ&スイッチングシステムの機材について

このような音楽ライブのマルチカム収録および生配信において、スタッフ側のスタンスで重要なのは、生の舞台を楽しむ豊かな心とそれを共有するコミュニケーションツールだと思っている。機材で言うと「カメラマンへの返しモニター」であり、そして「インカム」。これらがないと動きもまとめられない。またそれぞれモチベーションは高くあっても方向性にズレなどが生じやすい。

各カメラの上に返しのモニターを用意した。スイッチャーで選択されている映像を各カメラマンが確認できる。

もう一つ。音楽に合わせた映像の表現力で最も重要なのは、三脚だと考えている。

ヘッドの動きの優雅さ、キレは普段より使い倒したものでないと良いパフォーマンスを発揮するのは難しい。今回は、ザハトラーDV6SB、VIDEO14II、ヴィンテンVision3などを導入した。

センターは2階席の前方から、1台は据え置きで、1台はカメラマンが操作している。

据え置きはHDVカメラのソニーZ5Jでテープ記録はせず、背後のメモリーカメラユニットに記録。HDMI出力はSDIに変換してスイッチャーに送っている。

下手の2F席から。ここから各バンドメンバーを狙うことができる。

上手のフロアにはノクトン25mm F0.95単焦点レンズを装着したパナソニックAF105。このカメラだけ大判センサーカメラ。わりとアーティストに近い距離からの撮影が可能で効果的な映像を作り出していた。

インカムは安定性と音の良さで、PROTECH FD-400Aを使用。

音の現場では片耳ヘッドセットを使い、片方の耳ではステージ音が聞こえるようにしている。

全体のシステム図は以下の通り。

スイッチャーベースはライブハウス後方のPAの横に設けた(左がPAブース、右が映像配信コーナー)。

スイッチャーはコンパクトな筐体のパナソニックのAW-HS50Nを使用した。

スイッチャーからのマルチビュー画面。カメラはINPUT1が上手、INPUT2が下手の上、INPUT3が正面上の有人カメラ、INPUT4が正面上の据え置きカメラ。

YouTube Liveへテスト配信中のLiveU Solo。

当日のストリーミング配信の模様は、全4曲がYouTubeで見られる(ストリーミング時の状態そのまま)。

このような日本の素晴らしき音楽をインターネットを通じて世界に届けられることは、素晴らしい世の中になったものだと感心しつつ、音楽業界、映像・放送業界も新しい時代に入ったことを深く考えさせられる現場であった。

【関連情報】

フジヤエービックでの LiveU Solo購入はこちらから

【関連情報】

THE LAKE MATTHEWS  (ザ・レイク・マシューズ
1st. mini album 「Gimme Five!!」ギミファイブ !!
発売日:  2017 年 12 月 6 日
品番:HRBR-006
価格:1,852 円(税抜)
レーベル:Happiness Records収録曲:
1. 氷の世界 <井上陽水カバー>
2. 星くず <久保田麻琴と夕焼け楽団カバー>
3. 水に挿した花 <中森明菜カバー>
4. 渚・モデラート <高中正義カバー>
5. Pegasus <THE LAKE MATTHEWSオリジナル>
6. 地球はメリーゴーランド <GAROカバー>

杉瀬陽子:Vocal,keyboards,Trombone
堀込泰行:Vocal,Guitar
伊藤隆博:Keyboards,Trombone
伊賀航:Bass
北山ゆう子:Drums

杉瀬陽子info.https://mobile.twitter.com/sugiseyoko_mg