【CP+2024】パナソニック、LUMIX Sレンズシリーズ初となる高倍率ズームを初日に発表


パナソニックブースではフルサイズのLUMIX S5II・S5II XとマイクロフォーサーズのGH6・G9 PRO IIを中心に展示。

 

CP+初日に発表された高倍率ズームLUMIX S 28-200mm F4-7.1 MACRO O.I.S。発売は4月18日。希望小売価格は税込13万2,000円。LUMIX Sレンズシリーズとしては初となる高倍率ズーム。全長約93.4mm・重量約413gとなっており、従来まで発売されていたLUMIX S 20-60mm F3.5-5.6と近い重量バランスでジンバル搭載時のバランス調整が最小限になるように設計されている。最短撮影距離はワイド側で0.14m、テレ側で0.65mとなっている。

 

長時間録画に対応し、耐熱性能にも定評のあるGH6。CP+開催期間の79時間連続録画耐久テストを実施していた。下のYouTubeチャンネルでライブ配信も実施している。

 

vsw