キヤノン、Sumire Prime Lensの内覧会を開催


キヤノンは、シネマレンズ「Sumire Prime」の内覧会を6月25日(火)、26日(水) に開催した。Sumire Primeは今年4月のNABで発表されたPLマウントの単焦点レンズシリーズで、被写体を印象づける柔らかな映像描写を実現しているのが特徴。開発者インタビューはこちらから。

内覧会ではシリーズの内、6月7日に発売された24mm、35mm、50mmの3機種を実際に手にとって、特長あるルックを試すことができる機会となった。カメラはPLマウントのEOS C700。

 

3本のレンズはそれぞれ操作でき、横のモニターで確認できるようになっており、来場者はボケ味などの描写を確認していた。やはりボケが特徴的でアウトフォーカス部分を確認する人が多かった。被写体としても点光源を用意したり、奥行き方向にモノを配置するなどの工夫をしていた。

3本のレンズはまとめて見られるように、3つのモニターに並べてスルーアウトを表示していた。

デモ映像も会場でモニターで流していた。

来場者に話を聞いてみたが、このレンズの個性には好印象を持つようで、特に手前のボケの感じが最近のレンズにはない自然さがあって好ましいと言っている人がいた。割と時間をかけてじっくり見ていく人が多かった。

キヤノンマーケティングジャパンの担当者によると、想定していたよりも来場者が多く、興味をもってもらえている手応えがあるとのこと。

ただ、現状では3本しか用意されておらず、映画の現場で使われることを考えると、セットとして揃ってからが本格的な運用になりそうだ。レンズは製品としても寿命が長いので、ある程度、時間をかけて現場に浸透していくのかもしれない。