キヤノン、スーパー35mm対応のEFシネマレンズ CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS Sを発表


キヤノンは、CINEMA EOS SYSTEM向けEFシネマレンズの小型・軽量の新シリーズとして「COMPACT-SERVO」レンズを発売する。その第一弾としてリリースされるのが焦点距離18~80mmの動画撮影用ズームレンズ CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS S。発売は2016年10月下旬を予定しており、価格は70万。別売グリップのZSG-C10(7万円)も同時に発売される予定だ。
CN-E18-80mm%20T4.4%20L%20IS%20KAS%20S-2.jpg
▲CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS S
EFマウントを採用し、スーパー35mm相当のセンサーを搭載したカメラに対応する。C300MarkⅡ(スーパー35mm)装着時の画角は35mmフルサイズ換算で、27.6~123mm相当。全ズーム域でT4.4をカバーする。色再現性はEFシネマレンズシリーズと統一させている。絞りは11 9枚羽根。
大きさは約 93.4(幅)× 107.2(高さ)× 182.3(長さ)mm、質量は約1.2kgとシネマ用レンズとしては小型・軽量で機動性を活かした撮影が可能になる。メーカーでは、ドラマやCM、報道現場から結婚式やドキュメンタリーなどの現場での用途を想定している。
レンズにはズーム/フォーカス/アイリス用にマニュアルリングを備え、フォーカスや絞り、ズームはサーボ/マニュアルの切り替えができる他、レンズ本体にサーボユニットを組み込むことで、ズームサーボを本体のみで操作できるという。
CN-E18-80mm%20T4.4%20L%20IS%20KAS%20S.jpg
▲CN-E18-80mm T4.4 L IS KAS S(別売グリップZSG-C10を装着した状態)
別売の専用グリップ「ZSG-C10」を追加することもでき、リグ等に搭載し、肩載せスタイルでの運用にも対応できる。取り付け角度を調整できる他、REC START/STOP、ズーム操作、ONE-SHOT AFがグリップ側で操作できる。


●製品情報
http://cweb.canon.jp/cinema-eos/lineup/ef-cinemalens/cn-e18-80t44/index.html
●ニュースリリース
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2016-04/pr-cn-e18-80-t44l-is-kas-s.html