ソニー、有機EL搭載の業務用マスターモニターを発売


 ソニーは、業界初の25型/17型有機ELパネルを搭載した業務用マスターモニター2モデルを発売する。業務用マスターモニター「TRIMASTER」シリーズに、有機EL搭載の新ラインナップ「TRIMASTER EL」として加わる。発売日は、25型「BVM-E250」が5月1日(日)、17型「BVM-E170」が7月1日(金)で、価格は25型が2,415,000円、17型が1,312,500円。


trimaster_el_0216.jpg

左:17型「BVM-E170」/右:25型「BVM-E250」

黒を忠実に再現し、高い動画応答性と優れた色再現を実現

 自発光方式のフルHD有機ELを使用することにより黒を忠実に表現し、100万:1という高コントラストを実現。有機ELは応答も速いため、液晶に比べて動画ブレや残像も低減できる。「Super Top Emission」技術の高い発光効率で、夜景のイルミネーションや太陽光・花火などの強いきらめきも再現する。
 また、「Super Top Emission」のマイクロキャビティ構造と独自の色抽出技術により色純度が向上し、デジタルシネマの広色域にも対応。低輝度においても色再現性が高く、これまでになかった低階調の色再現が可能になった。
パネルには新開発の専用プロセッサーを搭載することで、優れたユニフォミティ(画面全体の色表現の均一化)や経年変化のない信頼性をもたらし、放送規格ITU-R BT.709、EBU、SMPTE-Cの色域に加え、CRTのガンマもより正確に再現する。

3G-SDIやHDMI等の入力に対応

 ボティは黒のアルミニウム製で、25型のBVM-E250は従来モデルBVM-L231に比べて重量40%減、奥行きが約1/2になるなど、軽量・スリム化が図られている。インターフェイスは標準の3G/HD/SD-SDI×2、HDMI×2、DisplayPort×1のほか、BKMオプションボードで拡張できる入力オプションスロットを4つ備える。
 また、BVM-Lシリーズの基本機能である、「インターレース表示」「HDフレームキャプチャー」「ピクセルズーム」「ピクチャー&ピクチャー表示」も引き継いでいる。
 
主な仕様

型番 BVM-E250 BVM-E170
主な表示性能
パネル 有機ELパネル
画面サイズ 24.5型 16.5型
表示エリア(H×V) 約543.4×305.6mm 約365.8×205.7mm
アスペクト比 16:09
解像度(H×V) 1920×1080ドット(FULL HD)
有効画素数 99.99%
パネルドライバー RGB 各色10bit
パネル表示フレームレート 48 / 50 / 60 / 72 / 75Hz
視野角(パネルの仕様)
(上、下、左、右)
89度、89度、89度、89度(コントラスト>10:1、Typical 値)
入/出力
SDI(3G/HD/SD)入力 BNC×2
PC入力※ DisplayPort×1 ※将来の機能拡張用
HDMI入力 HDMIコネクター×1(HDCP 対応、Deep Color 対応)
SDI(3G/HD/SD)出力 BNC×1
オプションスロット 4スロット
コントロール (LAN) RJ-45(10BASE-T/100BASE-TX)×1
コントロール(PARALLEL REMOTE ) D-sub 9ピン(凹)×1
DC 5V OUT 丸型4ピン(凹)×1
一般
電源 AC100~240V、50/60Hz、1.6~0.8A AC100~240V、50/60Hz、1.4~0.7A
DC 24~28V、4.7~4.0A(XLRタイプ3ピン)
外形寸法(幅×高さ×奥行) 576.0×424.0×148.0mm 436.0×266.4×214.7mm
質量 約13kg 約8.5kg
価格 2,415,000円 1,312,500円
発売日 2011年5月1日 2011年7月1日

●製品リリースページ
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201102/11-021/
●放送用モニターオフィシャルページ
http://www.sony.jp/products/Professional/BVM/