BenQ、独自の技術で色再現にこだわった短焦点4Kプロジェクター『HT3550』、ポータブルモデルの『GV1』を発売


ベンキュージャパンは、ホームプロジェクターの新製品として、4K/HDR対応モデル『HT3550』、ポータブルモデル『GV1』の2製品を発表した。『HT3550』は4月19日より発売予定で、市場想定価格が198,000円前後。『GV1』は3月26日に発売予定で、市場想定価格が42,800円前後(ともに税込)。

 

『HT3550』は、4K UHD 3,840×2,160 解像度に対応するホームプロジェクター。0.47型シングルDMDパネルによるDLPテクノロジーを採用し、輝度は2,000ルーメン、コントラスト比は30,000:1を実現している。サイズは高さ127mm×幅380mm×奥行き263mmで、重量約4.2kg。畳5帖のスペースでも、2.5mほどの距離から100インチのサイズで投映できる。

▲HT3550

▲HT3550背面

 

最大の特徴は、映画の監督が求めていた色を再現するという「Cinematic Color」技術を搭載。DCI-P3を95%カバーするカラースペースや4K/HDR専用のRGBカラーホイール、ISFccc認定キャリブレーションにより、赤と緑といったスクリーンでの表現が難しいとされる再現力を高め、暗いシーンでも微妙なコントラストを明確に映し出すとしている。

▲赤色再現のデモンストレーション。左がHT3550、右が他社製品。

▲畳5帖のスペースでも大画面で楽しめる。

 

バッテリー内蔵モバイルプロジェクター「GV1」

『GV1』は、アウトドアでの使用にも可能なポータルプロジェクター。サイズは、高さ155mm×幅80mm×奥行き80mmで、重量708gとコンパクト。輝度は2,00ルーメン、コントラスト比は10,000:1。内臓バッテリーは3000mAhで最大3時間の投影が可能。

Wi-Fi、Bluetoothでのワイヤレス接続で、iOSやAndroidデバイス、WindowsおよびMacパソコンなどから映像を投写できる。また、ネック部分にチルトヒンジ機能を備えており、15度の角度調節が可能。

 

◉製品情報
HT3550
https://www.benq.com/ja-jp/projector/cineprime-home-cinema/ht3550.html
GV1
https://www.benq.com/ja-jp/projector/portable/gv1.html

ベンキュー ジャパン株式会社
http://www.BenQ.co.jp