ブラックマジックデザイン、新製品Blackmagic Audio Monitor 12Gを発表


ブラックマジックデザインは、Blackmagic Audio Monitor 12Gを発表した。この新モデルは、人気の高いラックマウント型オーディオモニタリングソリューションのアップグレード版。Blackmagic Audio Monitor 12Gは、11月より¥142,800(税別)で発売予定。

新製品のBlackmagic Audio Monitor 12Gは、12G-SDIビデオ入力、HDMI出力、アナログおよびAES/EBU出力、パワフルなD級アンプ、デュアル・サブウーファー、超ワイドレンジスピーカー、LCD、VU/PPM/ラウドネススケールから選択可能な精密メーターを搭載している。

Blackmagic Audio Monitor 12Gは、Inter BEE 2018のBlackmagic Designブース(#8216)にて展示される。

Blackmagic Audio Monitor 12Gは、最新の高度な12G-SDIテクノロジー、プロフェッショナルバランス・アナログXLRおよびAES/EBオーディオ入力、民生用HiFiオーディオ入力を搭載しているため、事実上ほぼすべてのアナログおよびデジタル機器と使用できる。マルチレート12G-SDIは、入力信号に応じて自動的にスピードを切り替えるため、2160p60までのSD、HD、Ultra HD、DCI 4K機器と互換性がある。また、12G-SDIループ出力も搭載しているため、オリジナルの信号を他の機器に送信でき、HDMI出力を使用すれば大画面テレビで信号をモニタリング可能。

1Uラックサイズに収まるように設計されたBlackmagic Audio Monitor 12Gは、非常に小型でありながら驚くほどの大音量でクリアな音響を実現する。パワフルな新しいD級アンプ、デュアル・サブウーファー・デザイン、新しい超ワイドレンジスピーカーにより、広域で滑らかな周波数特性曲線を描き、クリアな高音とパワフルでディープな低音を再現する。パワフルで大音量なため、放送機器室、フライアウェイキットでのロケ使用、中継車内などの騒々しい環境でもモニタリングに必要な音量が得られる。

洗練されたデザインのフロントパネルは、1ブロックのアルミから削り出されており、ボリュームノブ、コントロールボタン、標準ヘッドフォンコネクター、精密メーター、内蔵LCDスクリーンを搭載している。オーディオメーターは、各チャンネルに27段階のRGBマルチカラーLEDを搭載。無数の方法でメータースケールがカスタマイズでき、ワイドダイナミックレンジのモニタリングが簡単に行える。メーターは、VU、PPM、ラウドネススケールから選択でき、EBUまたはBBCメーターで切り替え可能。また、極めて明るくクリアで見やすい表示なため、明るい環境でも暗い環境でもモニタリングできる。

「Blackmagic Audio Monitor 12Gのエキサイティングな点は、極めて優れた音質、どこでも使用できる可搬性、あらゆる信号に対応していることです」と語るのは、Blackmagic DesignのCEO、グラント・ペティ。「非常に柔軟性に富んでいるので、コントロール室での放送フィードと送信信号のモニタリング、狭い中継車でのオーディオモニタリングだけでなく、ポストプロダクション・スタジオでの作業にも最適です!」

 

◉製品情報
https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/blackmagicaudiomonitor

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp