ブラックマジックデザイン、シンガポールの人気ゾンビコメディ 「Zombiepura」がDaVinci Resolveでグレーディング


ブラックマジックデザインは、シンガポール初のゾンビコメディ「Zombiepura」のカラーコレクションに、Blackmagic DesignのDaVinci ResolveおよびDaVinci Resolve Advanced Panelが使用されたことを発表。国際配信が決まった「Zombiepura」は、世界的に名の知れた短編映画監督、ジェイセン・タン(Jacen Tan)氏による初の長編映画。タン監督はポストプロダクションチームの一員として、DaVinci Resolveで同作のカラーグレーディングも手がけた。

「Zombiepura」は軍の徴兵キャンプが舞台。奇妙なウィルスが蔓延し、怠け者の兵士、コーポラル・タン・カユの仲間たちを次々と血に飢えたゾンビに変えていく。いやいや兵役に就いていたカユであったが、天敵であるリー・シャオ鬼軍曹とタッグを組み、抱腹絶倒のゾンビアタックに立ち向かうことを余儀なくされるー。

「Zombiepura」は、2018年にカンヌで上映された。最近になって韓国のContents PandaとGSC Moviesが同作を購入したことにより、シンガポール、マレーシア、ブルネイ、カンボジアでも上映された。2019年にはフィリピンでも上映される予定である。