ブラックマジックデザイン、ハサミメーカーのExcellent Edgesが動画の作成にBlackmagic DaVinci Resolve StudioおよびATEM Mini Pro ISOを使用したことを発表


ブラックマジックデザインは、オーストラリアのハサミメーカーであるExcellent Edgesが、Blackmagic DesignのDaVinci Resolve Studio、ATEM Mini Pro ISO、そしてFairlight Desktop Consoleを使用して、同社のInstagramおよびFacebook用の動画を制作していることを発表した。

Excellent Edgesは、1988年より、最高品質のハサミやその他のヘアサロン用品を製造している。この1年で、同社のモットーのひとつ、「ハサミに関しては真剣だけど、他はそれほど」を表現した複数の動画により、世界的にフォロワーを増やしてきた。

長尺のインタビュー、教育的な内容のインタビュー、ライブ配信、広告、ショートコントなどの動画をレベルアップするために、Excellent Edgeは、映像制作者であり、ポストプロダクションのプロであるベニー・ノップ(Benni Knop)氏を起用した。ノップ氏が参加したその月から、Excellent Edgeのコンテンツと登録者に劇的な変化が生じた。Excellent Edgeのソーシャルメディア・チャンネルは、8万5千以上の再生と2万6千人のフォロワーを獲得した。

「オーストラリアの小さな市場で製品を販売しているメーカーとしては、これらの再生回数は、驚異的です。高品質でエンターテイメント性の高い動画は、地方の一企業をグローバルなブランドに変える力を持っていることを証明しています」とノップ氏。

「以前は、iPhoneで撮影した基本的な動画をアップしていたのですが、今はマルチカムの安定した撮影とハイエンドのポストプロダクションを行なっています。高品質な製品をあらゆる企業が採用できる価格で提供してくれるBlackmagicは、ワークフローの要ですね」とノップ氏。

ノップ氏のライブ配信ワークフローには、ATEM Mini Pro ISOを使ったプロ仕様カメラのスイッチングが含まれる。各カメラのDaVinci ResolveファイルとラインカットがATEM Mini Pro ISOで作成され、その後DaVinci Resolve Studioで編集、オーディオポスト、カラーコレクションを行なっている。

Blackmagic Designのワークフローにより、ノップ氏は多くのコンテンツをより素早く、より低コストで作成できるようになり、また各動画に個性が生まれた。インタビューと、ふとした瞬間に起こる楽しい映像が混在しているため、ワークフローの使い勝手の良さと、あらゆる状況に対処できる性能は、ノップ氏にとって非常に役立っているという。

「ショット撮影用に照明を用意する時間が常にあるわけではありません。店内で起こる面白い場面を見逃してしまうことがあるので、作業場の照明を使ったりもします。プロ仕様のカメラのダイナミックレンジと、Resolveのカラーグレーディングを組み合わせることができるので、画質に関して心配したことはないですね」

ノップ氏は続ける。

「YouTubeやInstagramのコンテンツを作成する上で一番大きな問題は、アスペクトレシオです。Instagram用の短いコンテンツには9:16が適していますが、YouTubeやInstagram IGTV用の長いコンテンツには16:9が適しています。両方で撮影することは難しいですし、フレーミングが外れたり、コンテンツが失くなってしまったりすることもあります。その点、DaVinci Resolveでは異なるフォーマットで簡単に作業できるので、すべてのプロセスを簡素化でき、クリエイティブな面だけに集中できます」

ノップ氏は、チャンネルのオーディオポストプロダクションに、DaVinci Resolve StudioのFairlightページおよびFairlight Desktop Consoleを使用している。コンソールの回転ノブとフェーダーをオートメーションに使用することで、効率が大幅にアップしたという。同氏はさらにFairlight Desktop Consoleを新しいライブ配信のオーディオミックスに使用することを検討している。

「フェーダーを使用してオーディオで簡単なパスを作成し、会話に合わせてフェーダーを動かすことができます。Fairlightはトランスポートコントロールも素晴らしく、プロジェクトを簡単に進められます。Desktop Consoleが他の製品より優れている点は、HDMI出力から得られる視覚的なフィードバックです。一般的なコンピューターモニターやテレビで、すべてをモニタリング可能です」

ノップ氏は説明する。

ノップ氏はまた、短いコンテンツ、長いコンテンツ共に、DaVinci Resolve Studioの編集機能をResolve Speed Editorと併せて活用している。マルチカム編集機能を使用することで、時間を大幅に節約でき、膨大な量のフッテージをすばやく編集できたという。

「フッテージの編集が完了したら、いくつかのタイトルを組み合わせて使用しました。Resolveのエフェクトライブラリにある標準のツールボックスのタイトル、あるいはDaVinciのTitle Packを使用しました。手頃な価格で、多くの優れたリソースを使用できるので、タイトルを自分でゼロから作成する必要性を感じませんね」

ノップ氏は続ける。

「入力のカラースペースを選択したら、Resolveでシネマライクなルックにして、より洗練されたコンテンツにするのはとても簡単です」

「ピクチャーロックは必要ありません。最初から最後まで、単一のソフトウェアでプロダクションを行えるのは非常に便利ですね。カラーやオーディオミックスの作業の後に編集に手を加えられるという柔軟性はクレイジーですよね。再書き込みしたり、様々なソフトウェアを行き来しなくていいので、作業がスピードアップし、イライラする無駄な時間をなくすことができます」

Excellent Edgesは最近、Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K Prosも購入したという。

「新製品のPocket 6K Proを導入したことで、一貫性のある制作が可能となり、カラーグレーディングにかかる時間も削減できるようになりました。ATEM Pro ISOを使った長時間のライブプロダクションでも柔軟性を得られます。同期した映像を各カメラで、Blackmagic RAWで収録し、プロジェクトをResolveに直接書き込めるので、ミスの修正、タイトルの追加、ちょっとしたグレーディングやミキシングなどを行って仕上げることができます」

ノップ氏は最後こう結んだ。

 

◉ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp