BSジャパンの連続ドラマ『噂の女』のグレーディングに「DaVinci Resolve Studio」および「DaVinci Resolve Mini Panel」を使用


Blackmagic Designは、BSジャパンの連続ドラマ『噂の女』のカラーグレーディングに「DaVinci Resolve Studio」および「DaVinci Resolve Mini Panel」が使用されたと発表した。

©︎「噂の女」製作委員会

同作の音声収録、編集、MA、カラーグレーディングを担当したのが株式会社ブルは、主に音声、MA、編集を行う技術会社。TBSや、テレビ朝日などの多数のドラマ作品を手がけており、ドラマ以外にも、スポーツ中継や映画と幅広く進出をしている。

第4話から最終回の第10話のカラーグレーディングに「DaVinci Resolve Studio」を使用し、同社の4Kオンライン編集室に設置された「DaVinci Resolve Mini Panel」も合わせて使用したという。

「今回、初めてDaVinci Resolveを使用しました。私が、一番初めに感動した機能は、トラッカーの機能で す。部分的にカラーグレーディングしたいところにマスクを当て、ピンポイントでトラッキングしてくれる DaVinci Resolveのトラッカー機能は非常に優れています。人物の肌のトーンや、空の色味を調整すること が、多々あるのですが、このトラッカー機能は、とても活躍してくれました。外での撮影が多く、カットに よって空の色が変わってしまっていることもありましたが、カラーグレーディングで、統一性を持たせるこ とができました。また、主人公の謎の女を演じる、足立梨花のあやしげなシーンでは、全体的にトーンを暗 くしつつも、足立梨花の肌のスキントーンは暗くなり過ぎないように意識して絵作りをしました」

と語るのは、ポストプロダクション技術部 編集課 鈴木健太氏。

「今回、DaVinci Resolveと合わせてDaVinci Resolve Mini Panelも使用しました。今まで、マウスで作業していた私にとって、直感的に作業できるDaVinci Resolve Mini Panelに、とても感動しました。マウスで はできない、微調整も簡単にできてしまいます。直感的にカラーグレーディングすることができるので、作 業効率も上がり時間短縮にも繋がりました。感覚的に作業ができるのは素晴らしいです」(鈴木健太氏)

本作品は4人の監督がおり、話数ごとにそれぞれの監督の個性がありつつも、フィルムルックに統一して仕上げたという。ポストプロダクション技術部 システム技術課 伊辺明大氏は最後にこう結んだ。

「配信用と放送用のフォーマットが異なるため、それぞれのフォーマットで納品をしなくはいけませんでし た。オフライン編集、オンライン編集、MAの全てを1週間で1話を仕上げなくてはいけなく、2ヶ月間とてもタイトなスケジュールでした。そのような中で、カラーグレーディングの部分を時間短縮できたのは大きなメリットです。今回、初めてDaVInci Resolveを使用しましたが、とてもいい実績となりました」