キヤノン、デジタルシネマカメラ「EOS C70」がNETFLIXの認定済みカメラリストに追加


キヤノンは、11月20日に発売のRFマウント採用により小型軽量を実現したデジタルシネマカメラ『EOS C70』がNETFLIXの認定済みカメラリストに追加されたことを発表した。

NETFLIXでは独自に設けた要件をクリアし認定を受けたカメラでのみ、オリジナル作品を撮影することができる。今回認定された「EOS C70」の推奨記録形式は「XF-AVC (4K)」、有効ピクセルは「4K:4096×2160」。

『EOS C70』は、CINEMA EOS SYSTEMとして初めてRFマウントを採用し、さらなる小型軽量を実現したシネマカメラ。4Kスーパー35mmのDGO(Dual Gain Output)センサーを搭載し、最大16+stopsのダイナミックレンジを実現。4K/120Pのハイフレームレート撮影にも対応し、高い基本性能と小型軽量を生かした機動力の高いオペレーションで映像撮影をすることができる。また、別売りの「マウントアダプター EF-EOS R 0.71×」を装着することで、フルサイズの画角で従来のEFレンズを使用でき、さらに開放F値が約1段分向上するため、保有するEFレンズをフルに活用して撮影することができる。

なお「EOS C70」の認定により、キヤノンのNETFLIX認定済みのカメラは以下の7台となる。
・EOS C500
・EOS C300 Mark II
・EOS C700
・EOS C700 FF
・EOS C500 Mark II
・EOS C300 Mark III
・EOS C70

 

◉詳細情報はこちら

キヤノン株式会社
https://canon.jp/