ドローイングアンドマニュアル、『メルカリギターオーディション』の 応募者に密着したドキュメンタリー映像を公開


ドローイングアンドマニュアル株式会社 は、株式会社メルカリが主催する『メルカリギターオーディション』の出演者3組に密着したドキュメンタリー映像を、9月9日(木)よりWEB上で公開した。

メルカリは2021年4⽉〜5⽉にかけて、「はじめるを応援」をコンセプトにした『メルカリコンサートギターオーディション』を開催。参加者は総勢700名以上に上った。

コロナ禍で様々な事情や思いを秘めている多くの応募者たちの思いや、オーディションに挑戦した経緯を届けることで多くの⽅に希望や勇気を与えたいと考え、同ドキュメンタリー映像を制作することとなったという。監督は、同社クリエイターの宮本正樹が⼿掛けている。

今回密着したのは、ギターを始めたことによって⼈⽣を⼤きく⾶躍させた宮川春菜さん、カリスマギター販売員としてたくさんの⼈の「はじめる」を応援してきた渡邊泰弘さん、そしてギター講師・三⾕光恵さんが発明したギター補助具を使うことで病気を患いながらもギターを再開することができた⻑澤伸和さんの3組。

 

メルカリコンサート ドキュメンタリー 宮川春菜さん 篇

日本一ギターの上手い高校生と謳われる宮川春菜さんに密着。宮川さんは、近所のギター教室に通ったことがきっかけで小学生の頃にギターを始めた。当初は繊細で複雑な音色に衝撃を受けたと言う。「昔はよく他人と自分を比べてしまい、自信をなくすことが多かった」と語る宮川さん。そんな彼女がギターを通して、一生の夢を手に入れることに。

 

メルカリコンサート ドキュメンタリー 渡邊泰弘さん 篇

カリスマギター販売員としてたくさんの人の「はじめる」を応援してきた渡邊泰弘さん。ギターを始めたのは、ギター同好会に所属していた友達から「人が足りなくて廃部寸前だから」と誘われたことがきっかけだった。そんな渡邊さんがギターに対する想いを語る。

 

メルカリコンサート ドキュメンタリー 三谷光恵さん 長澤伸和さん篇

普段はギター教室で講師を務めたり、左指1本でギターを始められる補助輪のような道具を開発しているという三谷さんと、三谷さんとの出会いをきっかけに、後遺症を乗り越えギターを再開することができた長澤さんに密着。脳卒中を経験し、一時ギターを諦めかけた長澤さんがギターに再挑戦する姿は、多くの方に希望と勇気を与えてくれる。

 

監督プロフィール・コメント

宮本正樹
神奈川県出身。2011年 米Emerson College卒。
ドキュメンタリー表現を得意とし、広告のみならず番組・MV制作など多く手がける。企画、撮影、編集、仕上げまでを単独でこなす日英バイリンガルディレクター。

<これまで手掛けた代表作>
・NHK Foorin楽団 ドキュメントシリーズ
・「はじまっていく たかまっていく」サンボマスター、藤巻亮太 「Summer Swing」MV
・Eテレ「JAPANGLE 」などのTV番組
・Sony、PUMAや伊勢半のプロモーション映像

<コメント>
3組が奏でるクラシックギターの音色が、彼らの人生を優しく後押しする応援歌のように聞こえました。
その時の印象を大切にしながら、彼らの言葉を交え、物語を組み立ていきました。
年齢も職業もバラバラな彼らのクラシックギターにかける想いを感じてもらえると嬉しいです。

 

◉メルカリコンサートギターオーディション公式HP
https://pj.mercari.com/mercari-concert/

ドローイングアンドマニュアル株式会社
https://drawingandmanual.studio