朋栄、FOR-A CONNECT 2021 オンデマンドを8月23日〜31日まで実施


株式会社朋栄は、『FOR-ACONNECT 2021 オンデマンド』を8月23日〜31日に期間限定で実施する。視聴は無料で、Webサイトからの登録制。

7月13日〜16日の4日間にわたり初のウェビナーイベント『FOR-A CONNECT 2021 オンライン』を実施した朋栄は、同イベントで、瀬戸内海放送様 高松本社新社屋・岡山本社への納入事例紹介や、BASSDRUMによるバーチャルプロダクションに関する特別講演、「I P/12G」「リモート制作」「バーチャル」「クラウド」をテーマにしたプレゼンテーションと製品紹介を行なった。

このイベントの視聴登録者数は1,000名以上になり、イベント実施後には「コンテンツを再度見たい」「見逃した部分を見たい」との要望が多数寄せらたことを受け、視聴者が見たいと思う事例紹介、特別講演、各プレゼンテーション、各製品/ソリューション紹介の各コンテンツを自由に選択できるVOD(ビデオオンデマンド)視聴が可能な『FOR-A CONNECT 2021 オンデマンド』を期間限定で実施することに至ったという。

 

 FOR-A CONNECT 2021 オンデマンド概要

●FOR-A CONNECT 2021 オンデマンド実施概要
日時:2021年8月23日(月)9:00 〜 31日(火)18:00(期間中は24時間視聴が可能)
視聴申し込み(無料):https://www.for-a.co.jp/connect2021/url

■納入事例
2021年1月から運用が開始された瀬戸内海放送の高松本社新社屋。この新社屋の紹介と、朋栄がシステムインテグレーションを担当した高松本社設備と岡山本社設備についてインタビューを交えながら紹介。ニューススタジオサブ、制作スタジオサブ、テロップ、ファイルベース、バーチャルの各設備で朋栄製品を導。

■特別講演
BASSDRUM 高嶋一成氏、公文悠人氏による特別講演『XR表現を活かすバーチャルプロダクション ─XR SQUADが開くオンライン時代の可能性─』を配信。BASSDRUMは、2020年にXR表現のスペシャリストを集めたチーム「XR SQUAD」を結成。XR表現で活用されるバーチャルプロダクションの実現について、事例を交え紹介。

■開発者/技術者によるプレゼンテーション
朋栄の開発者/技術者が最新の取り組みを紹介した3つのプレゼンテーションを配信。IP環境とSDI環境をひとつの環境で制御していく「IP/12G対応オーケストレーション新SOM-100」の新機能や、現場からの中継だけでなくセキュリティや教育分野でも活用が注目される「5G/LTE伝送システム」ではDejero製品と取り扱いを開始した京セラ製5G対応デバイスを紹介。さらに、国内放送局の約7割で活用されているキャラクタージェネレーターVWSシステムのクラウド運用を目指していくクラウドベース キャラクタージェネレーターTS-Cloudについての概要を説明。

■12の最新製品/ソリューションを紹介
12製品/ソリューションについて、開発者/技術者が動画で紹介。紹介製品/ソリューションは以下のとおり。
・IPゲートウェイUSF-10IPシリーズ
・IP/12G対応マルチチャンネルビデオサーバーMBP-1000VS
・IPマルチビューワーMV-1640IP
・遅延時間調整装置EDAシリーズ(朋栄エレテックス)
・小型ルーティングスイッチャーERS-44シリーズ(朋栄エレテックス)
・オンエア映像即時ネット配信システムPrism2
・バーチャルスタジオRCGシステムVRCAM-NX
・リアルタイムカメラトラッキングシステムStarTracker(Mo-sys)
・カメラキャリブレーションソフトウェアifCalib2
・AI音声認識 文字起こし&字幕制作クラウドサービスNeON-CA(朋栄IBE)
・自動文字起こしテロップ生成MCG/VWS×NeON-CA連携
・拠点間ファイル伝送システムIFT-40(朋栄IBE)

 

◉視聴申し込み
https://www.for-a.co.jp/connect2021/url

株式会社朋栄
https://www.for-a.co.jp/