富士フイルム、XシリーズのフラッグシップモデルX-H2Sを発表。6.2K/30P・4K/120P撮影に対応


富士フイルム株式会社は、Xシリーズの最新モデルとして、ミラーレスデジタル一眼『FUJIFILM X-H2S』を7月14日より発売する。価格はオープンで市場想定価格は350,000円前後。

『X-H2S』は、現行比約4倍の信号読み出し速度の裏面照射積層型約2616万画素「X-Trans CMOS 5 HS」センサーと現行比約2倍の処理速度の高速画像処理エンジン「X-Processor 5」など新開発のデバイスを採用。静止画・動画撮影ともに「Xシリーズ」史上最高性能を発揮するフラッグシップモデル。

最速40コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写やAIによる被写体検出などが可能な高性能AFを実現。6.2K/30Pや4K/120Pの動画撮影に対応し、高精細な映像も記録することができる。さらに、動画撮影ボタンを独立して配置し、162万ドットバリアングル液晶モニター採用で動画撮影時の操作性を向上。

また、高剛性ボディに5軸・最大7.0段のボディ内手ブレ補正機構や、CFexpress Type Bカード対応のデュアルスロットを含むインターフェースを採用。本体サイズは、136.3(幅)×92.9(高さ)×84.6(奥行)mm、質量は約579g(バッテリー、 メモリーカード含まず)。

▲「XF16-80mmF4 R OIS WR」装着時

 

 

充実した動画性能を搭載

6.2K/30Pや4K/120P 4:2:2 10bitの映像記録に対応。4K/120Pの動画撮影では高精細で滑らかなスローモーション映像で再生することが可能。

また、動画撮影時のセンサー読み出し速度を1/180秒まで高速化し、ローリングシャッター歪みを抑制することで、動きのある被写体を違和感なく表現できる。

ProRes 422 HQ・ProRes 422・ProRes 422 LTの3つのApple ProResコーデックに新たに対応。さらに、ProRes撮影時には、ProRes 422 Proxyなどのプロキシ撮影も可能。ダイナミックレンジを14+stopに広げた「F-Log2」を新たに搭載。

さらに、新規放熱構造を採用し、動画撮影の記録時間を大幅に増加。4K/60Pの映像を240分記録することができる。別売りアクセサリーの冷却ファン「FAN-001」を装着することで、高温環境下でも長時間の撮影が可能としている。

▲別売りアクセサリーの冷却ファン「FAN-001」装着時

 

 

ボディ内手ブレ補正機構を搭載・動画撮影ボタンを独立して配置

新開発のボディ内手ブレ補正機構を搭載し、新センシング制御機能などにより、5軸・最大7.0段の防振性能を実現。

外装は「FUJIFILM X-H1」の基本的なデザインはそのままに、シャッター半押し時のシャッターストロークやAF ONボタンの押し心地の調整、各ボタンの材質の見直しを行い、ボタンの操作性を向上。大型グリップのデザインをより握りやすい形状に刷新したことでホールド性を高めたとしている。

動画撮影ボタンを独立して配置し、モニターを自在なアングルに調整できるバリアングル構造の162万ドット背面液晶モニターを搭載。カードスロットは、CFexpress Type BカードとSDカードに対応したデュアルスロットを採用。

▲バリアングル構造の162万ドット背面液晶モニターを搭載

 

「X-Trans CMOS 5 HS」センサー搭載で高速連写性能を実現

新開発の「X-Trans CMOS 5 HS」センサーを搭載し、信号読み出し速度を現行比約4倍に高速化。40コマ/秒のブラックアウトフリー連写が可能となった。また、連写中にライブビューで画像を表示する際に、位相差画素を独立させて制御することで現行機と比べて約3倍となる、位相差情報の演算回数を実現。40コマ/秒の高速連写を行っている中でもAF/AE追従が可能。

「X-Trans CMOS 5 HS」や「X-Processor 5」だけでなく、大容量のバッファーメモリーを搭載したことで、連写時の連続記録枚数が大幅に増加。電子シャッター使用時に、JPEG画像では30コマ/秒、RAWファイルでは20コマ/秒の高速連写で1,000枚以上の写真を記録できる。

ファインダー倍率0.8倍、576万ドットの高倍率・高精細のEVFを搭載。ファインダー使用時に、瞳の位置ずれにより発生する像流れや歪みを抑制し、高い視認性を実現します。さらに、表示フレームレート約120フレーム/秒の滑らかさで、被写体の速い動きを正確に把握できる。

 

AF性能が大幅に向上

「X-Trans CMOS 5 HS」「X-Processor 5」の搭載とAFの予測アルゴリズムの刷新により、動体追従性能やゾーンAF、コントラストが低い環境下でのAFの精度が大幅に向上。

ディープラーニング技術を用いて開発した被写体検出AFを搭載で、従来の顔・瞳AFはそのままに、新たに動物・鳥・車・バイク・自転車・飛行機・電車をAIで検出することが可能。

また、AFを作動させた後に手動でピントを微調整できるAF+MF機能が動画撮影にも適用。

 

 

 

◉製品情報
https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/cameras/x-h2s/

富士フイルム会社
https://fujifilm.jp/index.html