GoPro、HyperSmooth 2.0搭載の最新モデル『HERO8 Black』とモジュラーアクセサリーを発表


GoProは、HEROシリーズの最新モデルである『HERO8 Black』とHERO8 Black の性能を強化できるモジュラーアクセサリー『メディアモジュラー』、『ディスプレイモジュラー』、『ライトモジュラー』を発表。『HERO8 Black』の発売は10月25日で、価格が55,880円(税込)。モジュラー3製品は2019年12月より予約注文開始、価格は未定。

 

HERO8 Black

『HERO8 Black』 は、HEROシリーズの最新モデルで、 HyperSmooth 2.0機能の搭載で手ブレを抑えた撮影が可能になった。すべての解像度とフレームレートで使用でき、新機能のブーストモードと、アプリ内で操作可能なホライゾンレベリング(水平ロック)が搭載されている。同じく新機能の TimeWarp 2.0には、自動レート調整機能と、タップコントロールによる速度変化機能が搭載。レンズは、画角を簡単に選択できる 4 つのデジタルレンズを搭載し、狭角、リニア、広角、SuperViewを切り替えることができる。

 

主な機能

HyperSmooth 2.0
HyperSmooth 2.0の全体的な基本性能が向上し、ピッチ軸の安定性が劇的に改善。新しいブーストモードも搭載され、必要に応じて安定化機能の精度をさらに上げることもできる。さらに、すべての解像度とフレーム レートで動作し、アプリでのホライゾンレベリング(水平ロック)も備えている。

HERO8 Black モジュラー
ライト、マイク、LCD スクリーンなどのアクセサリーもHERO8 Black に取り付け簡単。ビデオブロガー、プロのフィルムメーカー、クリエイターを驚かせる多彩な映像表現が可能。

デジタル レンズ
狭角、リニア、広角、SuperViewを切り替えることができる。

・TimeWarp 2.0機能
動き、シーン検出、光量に基づいて速度が自動的に調整される。タップすると速度がリアルタイムまで下がり、再度タップすると速度が再び上がる。

・LiveBurst
撮影の瞬間の前後 1.5秒間を記録し、その中から1枚のベスト フレームを選んで 12 MP の写真にしたり、高画質の4K 4:3 ビデオとして保存することができる。

・HDRが改良されたスーパーフォト
改良された HDR により、低光量の空間でも細部までくっきりとした 12 MP 写真が撮影可能。動いている被写体でもゴーストが抑えられる。

 

 

モジュラー

▲左より メディアモジュラー、 ディスプレイモジュラー、 ライトモジュラー

・メディア モジュラー
メディア モジュラーは、 ショットガンマイクの指向性オーディオ性能を実現。 Type-C、 HDMI、 3.5 mm 外部マイクアダプターポートに加え、 追加アクセサリー用に2つのコールドシューマウントを搭載している。

・ディスプレイ モジュラー
ディスプレイモジュラーは、 メディアモジュラーの上部に取り付けられる折り畳み式の 1.90 インチ前面/背面ディスプレイ。 撮影時の確認用ディスプレイとして最適なサイズで、 使わないときは折り畳んでおけば邪魔にならない。

・ライト モジュラー
水深 10 m の防水性、 ウェアラブル、 ギアマウント可能なライトモジュラーは、 非常に多用途なライト。 メディア モジュラーにマウントすることも、 GoPro マウントに直接取り付けることもでき、 あらゆるシーンをいつでも明るく照らす。 HERO8 Black での撮影時に照明を柔らかくするディフューザーが付属している。

 

◉製品情報
https://gopro.com/ja/jp/shop/cameras/hero8-black/CHDHX-801-master.html

GoPro
https://jp.gopro.com/