ヒビノ・東北新社・電通クリエーティブX の共同プロジェクト「メタバース プロダクション」が、 大型LED常設スタジオ2カ所を1/14にオープン


ヒビノ株式会社、株式会社東北新社、株式会社電通クリエーティブXの映像制作における温室効果ガス削減とプロセス効率化を目指す共同プロジェクト「メタバース プロダクション」は、プロジェクトの基盤インフラとなる大型LED常設スタジオ『studio PX ZERO』及び『studio PX HIBINO』を1月14 日よりオープンする。

また、株式会社電通クリエーティブキューブをパートナーに加え、4 社体制で「メタバース プロダクション」を推進していくとしている。

「studio PX」はメタバース プロダクションによる大型LED 常設スタジオの総称で、通常のバーチャルプロダクション撮影を目的とする使用をはじめ、メタバース プロダクションが開発・提供を予定している“PX サービス”の提供基盤となるスタジオ。

FACTORY(旧横浜スーパー・ファクトリー)鶴見スタジオ内に1月14 日から3 月31 日までの期間限定で開設する大型LED 常設スタジオを『studio PX ZERO』、ヒビノ日の出ビル内にあるインカメラVFX スタジオHibino VFX Studio を『studio PX HIBINO』とし、1月14 日より2ヵ所で「studio PX」の提供をスタートする。

今後、様々なニーズに対応する“PX サービス”の開発・提供に注力し、リーズナブルな予算での映像制作からハイエンド案件まで幅広くご利用いただけるよう新しい映像制作の在り方を提示し、映像制作における温室効果ガス削減とプロセス効率化を目指す「メタバース プロダクション」の取組みが将来のスタンダードになるよう努めるという。

 

studio PX ZERO、studio PX HIBINOの主な仕様

studio PX ZERO

■住所:神奈川県横浜市鶴見区末広町1-11 FACTORY(旧横浜スーパー・ファクトリー)鶴見スタジオ内
■利用可能期間:2022年1月14日(金)~ 3月31日(木)
■スタジオ仕様:面積:253坪/836平米(43.2m×17m) 高さ:7m(キャットウォーク下)電気容量: 490Kw(200V)、60Kw (100V)
■LEDディスプレイ ・システム:
・ 背景エリア:超高精細1.56mmピッチROE Visual「Ruby 1.5F」、 全幅12m×高さ4.5m、W7,680×H2,880pixel
・ 環境照明(天井):高輝度5.77mmピッチROE Visual「Carbon5」、 幅7.2m×奥行4.8m
・ 環境照明(側面):高輝度5.77mmピッチROE Visual「Carbon5」、 幅1.8m×高さ3.6m×2式
・ 4K LEDプロセッサー:Brompton「Tessera SX40」
■インカメラVFX システム:
・ メディアサーバー:disguise「vx4」
・レンダリング専用サーバー:disguise「rxⅡ」(Cluster Rendering採用)
・ カメラトラッキング・システム:stYpe「RedSpy」

 

studio PX HIBINO

■住所:東京都港区海岸2-7-70 ヒビノ日の出ビル
■利用可能期間:常設
■スタジオ仕様:面積:184平米(18.8m×9.8m) 有効高:約5m
■LEDディスプレイ ・システム:
・ 背景エリア:超高精細1.56mmピッチROE Visual「Ruby 1.5F」、 全幅12m×高さ4.5m、W7,680×H2,880pixel
・ 環境照明(天井):高輝度5.77mmピッチROE Visual「Carbon5」、 幅6m×奥行3.6m
・ 環境照明(側面):高輝度5.77mmピッチROE Visual「Carbon5」、 幅1.8m×高さ3.6m×2式
・ 4K LEDプロセッサー:Brompton「Tessera SX40」
■インカメラVFX システム:
・ メディアサーバー: disguise「vx4」
・ レンダリング専用サーバー: disguise「rxⅡ」(Cluster Rendering採用)
・ カメラトラッキング・システム: stYpe「RedSpy」

 

ヒビノ株式会社

https://www.hibino.co.jp/