ヒビノ、Vaddioの高性能オートフレーミング機能搭載ePTZ カメラを発売



ヒビノインターサウンド株式会社は、Vaddioのオートフレーミング機能搭載ePTZ カメラ『IntelliSHOT』を10 月8 日よりした。カラーは黒と白の2色。価格はオープン。

『IntelliSHOT』は、高感度のモーション検出機能と高度で複雑なアルゴリズムにより、スムーズで正確かつ信頼性の高いオートフレーミングを実現するePTZ カメラ。サードパーティ製品との組み合わせも可能なため、最適なシステムをより柔軟に構築することができるという。Microsoft teams やZoom, Google meet をはじめとするウェブ会議サービスにも対応。

 

主な特長

IntelliFrame テクノロジーによる高性能オートフレーミング機能

IntelliSHOT は、高性能オートフレーミング機能を搭載したePTZ カメラ。被写体の動きに追随するだけでなく、独自のIntelliFrame テクノロジーにより、被写体の動きや人物の出入りに合わせて表示領域を適切にズームイン/ アウト。非表示エリアの設定や、被写体の出入りを認識する速度など環境や用途に合わせて柔軟に設定可能。セミナーの受講者等をマスキング領域に指定することで、対象者にフォーカスした最適なフレーミングを実現する。

 

4K 映像からHD サイズで切り出すePTZ 機能

UHD/4K(3840 × 2160) の映像からHD サイズで表示エリアを切り出し、デジタルでパン・チルト・ズーム操作を行う。70.2 度の水平視野角により部屋全体を確実にキャプチャー。IntelliZoom Image Processing 技術を活用した30 倍ズーム機能によりホワイトボードの小さな文字も明瞭に表示する。

 

ふたつのビームフォーミングマイク内蔵

またIntelliSHOT 本体にはふたつのビームフォーミングマイクを内蔵。エコーキャンセル機能を搭載し明瞭な音声を提供する。一方でバランス型オーディオ入出力ポートを使用して外部のオーディオシステムとも簡単に連携が可能。サードパーティ製品と組み合わせが容易なため、より柔軟に最適なシステムを構築することができる。

 

USB3.0 搭載で簡単なセットアップ&操作を実現

IntelliSHOT はプラグアンドプレイで動作し、特別なドライバーやソフトウェアは不要。電源はPoE+ で駆動する。無料のVaddio Deployment tool アプリケーションを使用すれば、遠隔制御やファームウェアアップデート、カメラとストリーミングのステータス確認、再起動などが可能。H.264 RTSP/RTMP ストリームを使用してYouTube やPanopto、Facebook Live などクラウド型サービスに接続することもできる。

 

 

 

 

◉製品情報
https://www.hibino-intersound.co.jp/information/6565.html

ヒビノ株式会社
https://proaudiosales.hibino.co.jp/