ヒビノ、AKGの密閉型スタジオヘッドホン3年保証モデル K371-BT-Y3、K361-BT-Y3を発表


▲『K371-BT-Y3』(写真左)、『K361-BT-Y3』(写真右)

 

ヒビノ株式会社は、AKGの密閉型スタジオヘッドホン『K371-BT』『K361-BT』にヒビノ独自の1 年保証を加えた3 年保証モデル『K371-BT-Y3』『K361-BT-Y3』を5月22 日より発売する。価格はオープンで、市場想定価格は、『K371-BT-Y3』が17,000円、『K361-BT-Y3』が16,000円(ともに税別)。

両製品は、AKG プロフェッショナル・ヘッドホン初のBluetooth 接続対応モデル。Bluetooth のバージョンは通信範囲が広くデータの転送速度も速い5.0 を採用し、安定したワイヤレス性能を実現。有線での接続にも対応しているため、外出先での簡易なモニタリングはワイヤレスで、スタジオでのシビアなモニタリングは有線で行うなど、状況に応じて使い分けることができる。連続ワイヤレス再生時間は、『K371-BT-Y3』は約40 時間、『K361-BT-Y3』 は約24 時間で頻繁な充電は不要。さらに、イヤーカップにはタッチセンサーが搭載され、触れるだけで、再生/ 一時停止、音量調整、曲送り/ 曲戻し、内蔵マイクロホンによる着信対応など、様々な操作が行える。

大口径50mm ドライバーを搭載しており、輪郭のある低域を出力する。さらにイヤーパッドには、耳の周囲の形状に合わせて自在に変形し、その形状を保持する低反発素材を使用。低域の再生帯域は『K361-BT-Y3』が15Hz、『K371-BT-Y3』に至っては5Hz に達している。さらに『K371-BT-Y3』 はダイヤフラムにチタンコーティングを施し、優れた制動性能を獲得。高域の再生帯域は40kHz まで伸び、数ランク上の上位機種に匹敵する。『K361-BT-Y3』も、ボイスコイルにOFC((無酸素銅) を採用し、28kHz まで伸びている。

イヤーカップはコンパクトな楕円形を採用しポータビリティーに優れている。イヤーカップは、180°回転させてヘッドバンドの内側に収納可能でコンパクトに折りたたむことができる。携帯に便利な1.2 mの短いストレートケーブルやAKG のロゴ入りキャリングポーチも付属。

▲回転可能な楕円形のイヤーカップ(左)、イヤーカップを回転させコンパクトに折りたためる(右)

 

また、上下左右に自在に可動するイヤーカップと厚みのあるイヤーパットが、側頭部に掛かる圧力を均一に分散。さらにイヤーパットは、耳全体をすっぽりと覆うアラウンドイヤータイプで、耳への負担も抑えることが可能。ヘッドバンドは、内側にクッション素材を用いて頭頂部への圧迫を軽減。バンドの長さはスライド式アジャスターで11 段階に調整できるため、最適な位置に固定可能。

 

▲厚みのあるイヤーパッド(写真左)、スライド式アジャスター(写真右)

 

◉製品情報
https://proaudiosales.hibino.co.jp/information/4655.html

ヒビノ株式会社
https://proaudiosales.hibino.co.jp/