ゼンハイザー、ノイマンの開放型スタジオリファレンスヘッドホンNDH 30を発売


ゼンハイザージャパン株式会社は、Neumann(ノイマン)の開放型スタジオリファレンスヘッドホン『NDH 30』を7月28日より発売する。価格はオープンで、市場想定価格は99,000円(税込)。

『NDH 30』は、密閉型スタジオリファレンスヘッドホン「NDH 20」をさらにブラッシュアップし、スタジオの定番となりつつあるMA 1とAutomatic Monitor Alignmentで調整されたKHモニタースピーカーをヘッドホンで再現することを目的とした開放型スタジオリファレンスヘッドホン。

ネオジム磁石を用いた新開発の38mmのダイナミック型ドライバーを採用。また、『NDH 30』に採用された新開発の膜は「NDH 20」のDoufol(デュオフォール)膜が2枚の膜で生み出していた特長を1枚の膜で実現。共振周波数を低くしたことで低音域のレスポンスとリニアリティを向上させることに成功し、剛性と部分共振の減衰により過渡応答が向上。『NDH 30』に採用された新ドライバーによって、KHモニタースピーカーのような高い解像度と鋭い定位感を実現したという。

ドライバー以外の部分も様々な箇所がブラッシュアップされ、特に歪率については「NDH 20」が0.1%以下という高いパフォーマンスだったが、『NDH 30』はさらに高い0.03%以下という数値を達成。

また、KHモニタースピーカーの特徴でもある高精度なステレオイメージを実現するために、NDH 30専用のケーブルを新規設計。通常のケーブルと異なり、左右チャンネルのグランドが分離された専用ケーブルを採用したことで、チャンネル間の共通グランド導体の抵抗による電圧降下で生じるクロストークを大幅に低減した。

 

壊れにくい鉄製のヘッドバンド、タフな鉄製のイヤーカップなどは「NDH 20」を踏襲し、長年のハードなスタジオワークにも耐えうる仕上がりとなっているという。高い剛性、高級感のある仕上がりは維持しつつも、「NDH 20」から約10%の軽量化を実現。イヤーパッドも耳あたりの良い素材を採用し、開放型という構造も相まって、大型ヘッドホンながらも長時間の装着が苦にならないとしている。

 

主な特長

  • 卓越したリニアリティと過渡応答
  • 高い空間分解能
  • KHモニタースピーカーとの音質・ミックス互換性
  • 長期にわたる高い快適性
  • 内部バランス調整済み、布製カバーケーブル(着脱式)
  • 持ち運びに便利な折りたたみ式

 

NDH 30及びシリーズ製品NDH 20の仕様

 

◉製品情報
https://ja-jp.neumann.com/ndh-30

ゼンハイザージャパン株式会社
https://www.sennheiser.co.jp/