ソニー、ARモバイルゲームを開発・提供するNiantic社とヘッドホン向けの音声AR領域で協業


▲常時装着型のヘッドホン「LinkBuds」

 

ソニーは、AR(拡張現実)モバイルゲームを開発・提供するNiantic, Incとヘッドホン向けの音声ARの領域における協業契約を締結したことを発表した。

ソニーは、実世界の音を取り込みながら、ヘッドホンからの音も楽しめる製品や技術を開発しており、またナイアンティックは、モバイルデバイス用のARアプリケーションを活用した「Ingress」などのゲームタイトルを保有し、世界各国で広くサービスを展開している。

今回の契約締結により、両社が持つ技術を掛け合わせ、ヘッドホン向けに視覚だけでなく聴覚でもARを楽しめるゲーム体験の実現をめざすという。今後、音声AR領域でのアプリケーションソフトウェア開発での協業と、音声AR関連のプロモーション活動を相互に展開していく予定。

第一弾の取り組みとして、本日ソニーが発表した常時装着型のヘッドホン「LinkBuds」を使ってナイアンティックのゲーム「Ingress」で音のARを楽しむ開発を進めており、2022年内の提供開始をめざすという。
今回の締結で、ヘッドホンと組み合わせた、より没入感の高いゲーム体験の実現に向けて、ARゲーミング分野における開発の取り組みを両社でさらに加速させていくとしている。

 

■Niantic, Inc. 副社長 / 株式会社ナイアンティック 代表取締役社長 村井説人氏のコメント
数々のオーディオ製品を持つ世界的なブランドであるソニーは、優れた音声技術を持っています。このソニーの音声技術とナイアンティックの持つAR技術が連携することで、これまでの視覚的なARだけでは作れなかった新しいAR体験の提供が可能になると考えています。現実世界の中に、より没入感のあるAR世界を提供できることを楽しみにしています。

■ソニー株式会社 ホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ事業本部 モバイルプロダクト事業部長 中村 裕のコメント
ARゲーム体験におけるサウンドの役割を重要な要素と位置付けているNianticと、音のAR領域での協業を始めることをたいへん嬉しく思います。ソニーが培ってきた立体音響技術とNianticのゲームコンテンツの連携で、ヘッドホンを通じて現実とゲームが融合する驚きの体験をお届けすることをめざします。本日ソニーが発表した新商品「LinkBuds」など、ヘッドホンの体験を豊かにする、今後のさまざまな取り組みにご期待ください。

 

 

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/