ゼンハイザー、オープンバック型デザインのハイエンドヘッドホンHD 660S2を発売


Sonova Consumer Hearing Japan株式会社は、ゼンハイザーのハイエンドヘッドホン『HD 660S2』を2月21日より発売している。価格はオープンで、店頭想定価格は 96,800 円(税込)。同梱品はHD 660S2ヘッドホン、6.3 mmケーブル(1.8 m)、4.4 mmケーブル(1.8 m)、6.3 mm~3.5 mmアダプタ、キャリーポーチ。

同製品は、高性能42 mmトランスデューサーを自社開発し、様々な試行錯誤を繰り返し、最適化を行うことにより潤沢な低域と繊細な高域の両立を実現 。振動板にはラミネート加工を行ったDuo Folテクノロジー振動板を採用 。 ラミネートの厚みを調整することにより振動板における柔軟性をアップ。 振動板中心部のシェイプを少しアーチ状にし強度を上げ、 その周りは波形状にすることにより、 柔軟性を上げている。

 

■特長

超軽量ボイスコイルで上質なインパルスレスポンスIR
前身の「HD 660S」よりもをさらに細いアルミのボイスコイルを使用 。 巻き数を上げることでマグネットパフォーマンスが向上。これにより「HD600」、「HD650」と同様に300 Ω のインピーダンスのまま、マグネットパフォーマンスを最大限に引き出し 、 上質でクリアなIRと繊細な音まで再現している。

独自のベントマグネットシステムで歪みを最小限に抑制
ボイスコイルの巻き数を上げたことによりマグネットシステムの動作効率も向上。 独自の通気性の高いマグネットホールを採用している。 高い精度で設けられたベントホールによって、トランスデューサー内部で起きる空気の乱れをなくし歪みを抑え、さらに振動板の動きに自由を与えている。

精巧にデザインされたステレンススチールメッシュ
厳しい品質管理のもと作り上げて搭載されたステレンススチールメッシュはボーカル帯域の歪みを抑制。トランスデューサー内の空気をコントロールして歪みを最適化し淀みのない音を創出する。質の高いマグネットパフォーマンスとダンピング素材でサブベース及びインパクトのある低域の存在感を創出。

豊潤な低域
下記のグラフは「HD 660S2」と「HD 660S」の周波数帯域を比較したもの。低域が強化されたという点はグラフを見ても顕著。なかでも20 Hz 周波数帯域は音圧レベルが2 倍にまで引きあがっている。さらに20-200Hz間の周波数は音圧が大きく増加。

▲ホワイトが HD 660S2、グレーがHD 660Sの値

サブベースが広げる全てのサウンド
最低域の音圧を倍にすることにより、 高い精度とバランスでサブベース 、 ミッドベース 、 それ以上の周波数帯域を再現 。 打楽器やエレクトロミュージックなどがより聴きごたえのあるものに。

低域以外もブッシュアップ
ボイスコイル素材によりコイル重量を軽量化し、振動板素材の柔軟性により高域の振幅に対する追従性を高めることにより繊細な音の再現性もアップ。5,000 Hz 以上の周波数帯域も全体的にスムーズなまとまりになっており 、 ピークを抑えた仕上がりに。 明瞭さも上がり、長時間のリスニングでも聴き疲れしづらいサウンドを提供。

 

■スペック

 

◉製品情報
https://www.sennheiser-hearing.com/ja-JP/p/hd-660s2/

 

vsw