【Inter BEE 2022】コルグ、インターネット動画配信システム「Live Extreme」を出展


株式会社コルグは、 2022年11月16日(水)から18日(金)かけて幕張メッセで開催される「Inter BEE 2022」にインターネット動画配信システム『Live Extreme』を出展する。

 

主な展示

動画配信エンコーダーソフトウエア・システム 「Live Extreme Encoder」

・ 各種プラットフォーム(PC、モバイル、STB)での Live Extreme 配信デモンストレーション

画質音質比較デモンストレーション

 

実際の使用例をもとに、クリエーター、エンジニア、配信事業者、ライブハウス・ホールのためのプレミアム配信ソリューションを紹介

「Live Extreme」は、同社が開発した業界史上最高音質のインターネット動画配信システム。最大4Kの高解像度映像とともに、ビットパーフェクトのロスレス/ハイレゾ・オーディオ(最大 PCM 384kHz/24bitおよび DSD 5.6MHz)をライブ配信できる世界初の画期的なシステム。Live Extremeを使ったプレミアム配信コンテンツ制作方法を紹介する。

 

オーディオファーストなシステム構成の解説

「Live Extreme」は、数値上のロスレス/ハイレゾ・オーディオではなくアーティスト・エンジニアが届けたい音をマスターデータと完全一致するビットパーフェクトでダイレクトに視聴者に届けられるシステム。一般的な配信との映像・音声との比較やビットパーフェクト伝送の仕組みを解説する。

 

音声マルチチャンネル配信などのプレミアムコンテンツ制作ノウハウ

Live Extreme Encoderの配信画面を実際に触りながらオペレーション方法を紹介。一般的なDAWソフトウエアの様に普段使用のオーディオインターフェイスをそのまま運用できる仕様や、音声のマルチチャンネル配信機能を使った「副音声」「5.1ch / 7.1chサラウンド」「3Dイマーシブ」の配信コンテンツ作成の事例をもとにノウハウを紹介する。

 

画質音質を劣化せずに配信可能なDirect ABRの紹介

SDIやHDMIから入力された非圧縮映像からLive Extreme Encoder内部で最大4系統のAdaptive Bitrate映像を直接生成し、サーバーでの再圧縮を回避しながら各種ビットレートを作り出すDirect ABRの仕様や設定運用方法を紹介する。

 

ライブハウス導入・システムインテグレーション・番組制作の相談

導入事例や配信コンテンツ制作を例に、システムインテグレーションの相談や、配信やプレミアム配信番組の制作方法など、ビジネスに即した相談に対応。

 

 

Inter BEE 2022出展情報

会期
11月16日(水) 10:00~17:30
11月17日(木) 10:00~17:30
11月18日(金) 10:00~17:00(最終日は17:00まで)

会場:幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

入場:無料(登録制)

ブース:映像表現/プロライティング部門 ホール6小間番号 6308
https://www.inter-bee.com/ja/forvisitors/exhibitor_info/detail/?id=5067

公式URL: http://www.inter-bee.com/ja/

 

 

Live Extreme  https://live-extreme.net/

株式会社コルグ  https://korg.com

vsw