JUNS、4K/IP 対応ハイエンドリモートカメラ『LiveCAM』の新モデルを発売


JUNS 株式会社(以下JUNS)は、HDMI とIP で4K30p に対応したハイエンドリモートカメラを「LiveCAM」の新モデルとして発売する。価格はオープンで、市場想定価格は『LiveCAM4K [JLC-CAM-4K5] 』が238,000 円、『LiveCAM4K [JLC-CAM-4K12] 』が248,000 円(ともに税込)。

「LiveCAM 4K」は、HDMI/RJ45/HD-SDI 出⼒に対応(4K 対応はHDMI とRJ45)し、⾊合いやコントラストなども細かく制御が可能。オリジナルコントローラーを使⽤すれば、様々なシーンを離れた場所から操作するCCU のような使い⽅が可能。

 

「LiveCAM」の主な特長

●10 のポジションやカラー設定を登録
1 台のカメラにつき、最⼤10 のポジションを登録できます。予め保存しておいたアングルをライブ時に呼び出し、ワンマンでもバリエーションに富んだ映像を作ることが可能。ポジションを呼び出す際、今までのリモートカメラはパン→チルト→ズームのように順に位置を移動させるものが多かったが、JUNS の「LiveCAM」はパンチルトズームが同時に動くので、スピーディーかつ⾃然なイメージを作ることができる。

●ライブ・カラーコレクションに対応
明るさやホワイトバランスだけでなく、カラーバランス・彩度・コントラスト・シャープネス・ノ
イズリダクション・ガンマ等をマニュアルで調節することが可能。作成したカラーは最⼤10 まで登録しておけ、ライブで⾃在なイメージやクリエイティブなルックを作ることができる。

●SDI/HDMI/USB/RJ45 に対応
HD-SDI/HDMI/USB の出⼒を備えているので、環境に合わせて使⽤できる。さらにH.264/265 のエンコーダーを搭載、IP 伝送にも対応。インターネット環境があれば遠隔地から簡単に映像を送信できる。

●無線やPOE など、シーンに応じた便利なオプション
カメラとコントローラをイーサネットケーブルで接続するためのアダプタ、WiFi・無線環境で制御
信号を送ることができるアンテナセット、POE 対応オプションなどお客様のユースケースに合わせ
た便利なオプション。

 

■LiveCAM4K [JLC-CAM-4K5] / LiveCAM4K [JLC-CAM-4K12]

映像素⼦:1/2.5 インチ 8.50 メガピクセル CMOS センサー
解像度:4Kp30/p25,1080p60/50,1080i59.94/50,1080p30/25
ズーム:光学デジタル併⽤時10 倍(4K5) 24 倍(4K12)
焦点距離:F=3.2 ミリメートル(広⾓)〜14.4 ミリメートル(望遠)(4K5) / F=3.9 ミリメートル(広⾓)〜46.8 ミリメートル(望遠)(4K12)
画⾓:⽔平⾓度約84.5〜21.6 度(4K5) 72.5〜7.4 度(4K12)
フォーカス機能:オート/マニュアル
最低被写体照度:0.1Lux
ゲイン:オート/マニュアル
ホワイトバランス:オート/インドア/アウトドア/マニュアル/ATW
S / N ⽐:50db
パン:355 度(最⼤速度 80 度/秒)
チルト:-30 度〜+90 度(最⼤速度 60 度/秒)
出⼒端⼦:HDMI, HD-SDI,RJ45(4K 出⼒はHDMI とRJ45 で対応)
制御:RS-232C/イーサネット(オプションで対応)
電源/消費電⼒:12V DC(10.8〜13.0V DC)/ max30W
サイズ/重量:(D)170×(W)151×(H)190mm/1320g

 

◉製品情報
https://www.juns.jp/products/livecam/

JUNS株式会社
http://www.juns.jp/