サイトロンジャパン、LAOWAのシネレンズ LAOWA OOOM 25-100mm T2.9 Cineを発売


株式会社サイトロンジャパンは、Anhui ChangGeng Optical Technology (Venus Optics)社のカメラレンズブランド「LAOWA」の新製品『LAOWA OOOM 25-100mm T2.9 Cine』を10月13日より発売を開始した。価格はオープンで、市場想定価格は、640,000円前後(税別)。

同製品は、ビンテージからモダンな作風の作品まで様々に使用可能な動画撮影用ズームレンズ。メートル(m)表記とフィート(feet)表記の2製品から選択できる。

 

製品特長

・4倍比ズーム
用途の広いオールインワンレンズ。超広角から望遠まで、ドラマからドキュメンタリーまで、ワン​​マンバンドからフィルムクルーまであらゆる現場で幅広使用できる。

・スーパー35の画角
スーパー35対応により、AlexaMiniの4kUHDおよびRed Heliumの8K HD / RedGeminiの5K HDでケラレなく使用できる。1.4xエクスパンダ―(別売)を併用することでフルフレームまでイメージサークルを拡張することもできる。

・パーフォーカル設計
ズームインまたはズームアウトしても焦点位置は変わらず、ズーム後でも被写体にはしっかりとシャープにピントが合った状態が保たれる。

・非常に少ないブリージング
同製品はシネマトグラフィーに特化した設計のため、ブリージングの発生はクラス最小限に抑えられており、フォーカスを変更しても画角の変化がない。

・T2.9固定の開放T値と、短い最短合焦距離
大口径T2.9固定の開放T値により、ズーム範囲全体にわたって暗い場所での撮影が可能。最短合焦距離は60cm。

・モダンとビンテージの融合
発色やボケ味に美しいビンテージ性を提供するように設計。その一方でコントラストは高くなりすぎず、フラットでもない現代的なレンズらしいシャープな描写も魅力。

 

 

主な仕様

焦点距離:25-100mm
絞り値(T値):T2.9-22
絞り羽根枚数:9枚
フォーマット:スーパー35+
レンズ構成:16群20枚
最短合焦距離:60cm/1.97feet
最大倍率:0.25
絞り回転角:50.5°
ズーム回転角:163°
フォーカス回転角:300°
フィルタースレッド:95mm
レンズ前枠径:100mm(114mmステップアップリング付属)
外形寸法:Φ 102*240 mm / Φ 4” * 9.45 “
質量:~2.5kg
マウント:PL / EF / FE (マウント交換式)
最大カバレッジ(RED):Red Monstro (6K HD) / Gemini (5K HD) / Helium (8K HD)
最大カバレッジ(Arri):Alexa Mini (4K UHD)

 

 

 

◉製品情報
https://www.laowa.jp/news/2020/10/laowa-ooom-25-100mm-t29-cine.html

株式会社サイトロンジャパン
https://www.laowa.jp/