ソニー、小型軽量の大口径超広角ズームレンズGマスター FE 12-24mm F2.8 GMを発表


ソニーは、35mmフルサイズ対応の大口径超広角ズームレンズGマスター『FE 12-24mm F2.8 GM』 を8月7日より発売する。価格は、380,920円(税別)。

最先端のメカニカル・光学技術を投入したGマスターならではの高い解像性能と自然で美しいぼけ描写を、小型軽量で実現。また、高速・高精度・高追従かつ静粛なAF性能と、プロフェッショナルの撮影を支える操作性と堅牢性も備えている。人間の視覚を超えた画角で被写体を捉え、遠近感を強調して風景・星景・建築物を描写したい際や、スポーツの一瞬の動きを切り取って迫力ある表現を狙いたい際などに適したレンズという。

 

 

主な特長

■超広角12mmから、ズーム全域開放F値2.8の高画質

・αレンズ史上最大径の最前面レンズを含む、超高度非球面XA(extreme aspherical)レンズ3枚、非球面レンズ1枚を採用し、諸収差を徹底的に抑えた高い解像力
・新開発「ナノARコーティングII」による高い逆光耐性
・ED(特殊低分散)ガラス3枚とスーパーEDガラス2枚が色収差を良好に補正
・円形絞り(9枚羽根)とXAレンズによる、滑らかで美しいぼけ描写
・フローティングフォーカス機構を採用し、無限遠から近接まで鮮鋭に描写
・全域開放F値2.8によりズーム操作時でもF値が変動せず、大口径を生かした動画撮影が可能

 

■高速・高精度・高追随かつ静粛なAFを実現

・カメラボディのスピード性能の将来を見据え、「XDリニアモーター」を4基搭載
・超広角ズームレンズながら、動きの激しい被写体も逃さず捉え続ける高いAF性能
・XDリニアモーター専用に開発された制御アルゴリズムによる静粛・低振動なAF駆動

■大口径・超広角ズームレンズながら小型・軽量化を実現

・最新の光学設計とソニー独自のXDリニアモーターにより、小型・軽量化を実現
・コンパクトなミラーレスカメラ本体と組み合わせ、さまざまなシーンで超広角のダイナミックな表現が可能

■プロの要望に応える操作性と信頼性

・カスタマイズ可能なフォーカスホールドボタンやフォーカスモードスイッチを搭載
・リニア・レスポンスMFによりマニュアルフォーカスもスムーズにコントロール可能
・防塵・防滴(*)に配慮した設計
・レンズ最前面に汚れの付着を防止するフッ素コーティングを採用
・市販のシートタイプのフィルターが装着可能なリヤフィルターホルダーを搭載
・花形固定式のレンズフードと専用のロック付きレンズキャップ

 

主な仕様

レンズ構成:14群17枚
最短撮影距離:0.28m
最大撮影倍率:0.14倍
焦点距離イメージ:18-36mm
大きさ:最大径97.6mm×長さ137mm
質量:約847g

 

◉製品情報
https://www.sony.jp/ichigan/products/SEL1224GM/

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/