タムロン、ズーム比16.6倍を実現した超望遠域をカバーする高倍率ズーム18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXDを発売


株式会社タムロンは、APS-Cサイズミラーレス一眼カメラ対応の高倍率ズームレンズ、『18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD (Model B061)』の富士フイルムXマウント用を10月28日より発売する。価格は、96,800円 (税込)。

『Model B061』は、35mm判換算で27mmの広角域から450mmの超望遠域を1本でカバーし、様々な撮影ができる高倍率ズームレンズの実現というコンセプトを元に開発。APS-Cサイズミラーレス一眼カメラ対応ズームレンズとして世界初、16.6倍のズーム比を実現。AF駆動には、静粛性・俊敏性に優れているリニアモーターフォーカス機構VXD (Voice-coil eXtreme-torque Drive)を搭載。特殊硝材をバランスよく配置したことで、画面の中心から周辺まで高い描写性能を維持し、APS-Cサイズミラーレス一眼カメラ対応高倍率ズームレンズの中でもトップレベルの高画質を実現している。

さらに、広角端18mmの最短撮影距離は0.15m、最大撮影倍率1:2と高倍率ズームレンズでありながら近接撮影性能を発揮。また、タムロン独自の手ブレ補正機構VC (Vibration Compensation)を搭載し、低照度下や超望遠域でも手ブレを効果的に抑制する。フィルター径は同社ミラーレス用レンズシリーズの多くと共通のφ67mmを採用。

 

製品特長

■世界初16.6倍、超望遠域をカバーする高倍率ズームレンズ
APS-Cサイズミラーレス一眼カメラ対応として世界初、16.6倍のズーム比を実現。35mm判換算の焦点距離では27-450mm相当。広い焦点レンジを最大限に活かし、日常から旅先でのスナップ撮影、超望遠を活かしたダイナミックな風景写真、さらにマクロ撮影と、さまざまなシーンの撮影がこの1本のレンズで可能。

■クラス最高レベルの高速・高精度AF、VXD搭載
タムロン独自のリニアモーターフォーカス機構VXDを搭載。高倍率ズームレンズとしてクラス最高レベルのAF速度と精度を実現し、広角から超望遠の全ての焦点域で、ストレスのない快適なフォーカシングが可能。

■広角端18mmで最短撮影距離0.15m、最大撮影倍率1:2を実現
高倍率ズームレンズとしては驚異的な近接撮影性能を実現(広角端18mmの最短撮影距離0.15m)、最大撮影倍率1:2)。マクロ特有の被写体に大胆に寄って、背景を大きくぼかした作画を自由に楽しむことができる。

■クラス最高レベルの高画質
16.6倍のズーム比と高画質を両立させるため、3枚の複合非球面レンズと4枚のLD (Low Dispersion:異常低分散)レンズをバランスよく配置し、レンズの諸収差を効果的に抑制。ズーム全域で、画面の中心から周辺において高い解像性能を維持し、APS-Cサイズミラーレス一眼カメラ対応高倍率ズームレンズとしてクラストップレベルの高画質を実現。

■手ブレ補正機構VC搭載
コンパクトなサイズを維持しながら、タムロン独自の手ブレ補正機構VCを搭載。カメラのボディ内手ブレ補正機構の有無にかかわらず、本レンズに搭載したVCが、室内や夜景などの低照度下で発生しやすい手ブレを効果的に抑制。また、AIテクノロジーを活用することで、焦点距離70mm以下では動画撮影に配慮した補正効果を得ることもできる。

 

仕様

モデル名: B061
焦点距離: 18-300mm <APS-Cサイズミラーレス一眼カメラ使用時>(35mm判換算:27-450mm相当)
明るさ: F3.5-6.3
画角(対角画角): 77゜24′- 5゜30′<APS-Cサイズミラーレス一眼カメラ使用時>
レンズ構成: 15群19枚
最短撮影距離: 0.15m (WIDE)/0.99m (TELE)
最大撮影倍率: 1:2 (WIDE)/1:4 (TELE)
フィルター径: φ67mm
最大径: φ75.5mm
長さ: 125.8mm
質量: 620g
絞り羽根: 7枚 (円形絞り)
最小絞り: F22-40
標準付属品: 花型フード、レンズキャップ

 

◉製品情報
https://www.tamron.jp/product/lenses/b061.html

株式会社タムロン
https://www.tamron.jp/