ライカ、日本市場におけるシャープとのスマートフォン向けカメラの戦略的技術提携を発表


ライカカメラ社は、シャープ株式会社とのスマートフォン向けカメラの開発・設計における長期的な技術提携を発表した。シャープとの協業第1弾として、日本市場向けのスマートフォン『AQUOS R6“co-engineered with Leica”2021年夏モデルとして発売予定。

AQUOS R6』は、スマートフォンとして最大級の1インチセンサーを搭載し、ライカのレンズ技術を組み合わせることで、高画質な写真撮影が可能となる。

両社は、スマートフォン内蔵カメラの性能向上を図るため、光学技術の分野において連携し、革新的なソリューション開発を行っていくとしている。

 

シャープ株式会社 通信事業本部 パーソナル通信事業部長 小林 繁氏:
「本日、スマートフォン用としては世界最大、1インチカメラセンサーを搭載したAQUOS R6 “co-engineered with Leica”を皆様に公開できること、大変喜ばしく感じています。シャープがこのようなマイルストーンを立ち上げることができたのは、ライカカメラ社の大きな貢献によるものであると思います。この長期的なパートナーシップを通して、今後数年間、ライカとともに素晴らしいカメラを搭載した素晴らしいスマートフォンを市場に送り出していきたいと思っています」

ライカカメラ社 社主 アンドレアス・カウフマン:
「シャープとライカは、両社の伝統を重んじながらも、最高品質の技術革新を追求するという姿勢に共感しています。今回の技術提携によって生まれた、シャープとライカの共同開発第1号となるスマートフォン「AQUOS R6」を商品化できたことを大変うれしく思います」

ライカカメラ社CEOマティアス・ハーシュ:
「今回の戦略的技術提携は、技術の可能性の限界を常に超えようとするシャープとライカの強い思いから生まれた取り組みです。「AQUOS R6」は、両社が考える高い性能基準と妥協のない品質へのコミットメントに基づいており、あらゆる面で日本のお客様の高い期待にも応えられる、本パートナーシップの成功を体現したスマートフォンだと信じています」

 

 

ライカカメラジャパン株式会社
http://www.leica-camera.co.jp