LGエレクトロニクス・ジャパン、21:9 ウルトラワイドモニター 4モデルを発表


LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社は、21:9ウルトラワイドモニターの35インチの曲面型『35WN75C-B』、34インチの『34WN750-B』、34インチの『34WN650-W』と29インチの『29WN600-W』の4モデルを5月22日より発売する。価格はオープンで、市場想定価格は『35WN75C-B』が70,600円前後、『34WN750-B』が60,500円前後、『34WN650-W』が45,300円前後、『29WN600-W』が30,100円前後(すべて税別)。

21:9ウルトラワイドモニターは、フルHDなど縦横比16:9の約133%横に長い21:9画面によって、映像視聴においてはより実際の視界に近く、ビジネスシーンにおいても広く活躍する機能を多く搭載しているのが特長。専用ソフトウェア「OnScreen Control」の「Screen Split」機能では、自動的にウィンドウを整列させることができ、効率的な作業を実現する。

在宅で作業をする機会が増えた昨今、より快適な作業性を追求するさまざまな機能を搭載した、ビジネスシーンにも配慮されたモデル。また、美しい映像表現と充実したゲーム機能によって、ビジネス以外にもゲームや映画鑑賞などを楽しめるマルチタスクなモニターとなっている。

 

 

4モデル共通の特長

1. 21:9の画面比率で広い作業領域
21:9ウルトラワイドモニターは、フルHDなど縦横比16:9の約133%横に長い21:9画面によって、映像視聴においてより実際の視界に近く、ビジネスシーンにおいても広く活躍する機能を多く搭載。例えば、付属の専用ソフトウェア「OnScreen Control」の「Screen Split」機能では、自動的にウィンドウを整列させることができ、効率的な作業を実現する。

2. 7W+7Wのスピーカー内蔵
モニターとしては高出力な7W+7Wのステレオスピーカーを内蔵。PCや映像機器の音声をモニターから出力できます。また、イスラエルのWaves社が開発したMaxxAudioによって、豊かで広がりのあるサウンドで楽しむことができる。

3. 目に優しい「ブルーライト低減モード」「フリッカーセーフ」を搭載
ブルーライトを低減する「ブルーライト低減モード」、フリッカーを抑制する「フリッカーセーフ」によって長時間の作業や鑑賞の際の目の負担を軽減する。

4. OnScreen Control機能で広域な表示領域を有効活用
専用ソフトウェアのOnScreen Controlによって広域な画面を快適かつ有効的に活用できる。明るさやコントラストなど基本的な設定やゲーミングモードの設定をWindows上で操作が可能。 また、ソフトウェアごとに最適なピクチャーモードの自動的に適用させるMy Application Preset、画面上に表示されているウィンドウを自動的に分割表示させるScreen Splitなど、快適に画面を使用できる機能を搭載。

5. 各種ゲーミング機能を搭載
AMD社のFreeSync対応APU/GPU搭載のPCやグラフィックカードと接続することで、ティアリングやスタッタリングを抑えるAMD FreeSyncテクノロジー、映像信号を画面に表示するまでのタイムラグを最小限に抑えるDAS(Dynamic Action Sync)モード、暗いシーンの視認性を高めるブラックスタビライザーなど、各種ゲーミン機能を実装している。

6. Smart Energy Saving
消費電力を抑えつつ明るさを維持するため、バックライトの明るさを抑ながら入力信号を増幅させ、さらに液晶パネルの開口率をあげることで、輝度の低下を従来よりも低減させる。

 

 

35WN75C-B

・高速な動きのゲームにも適したリフレッシュレート100Hzに対応。解像度に対応したゲームタイトルであれば、21:9の横長の画面によって視野が拡大し、16:9では表示できない範囲の敵をいち早く発見することができ、ゲームを有利に展開することができる。また、曲面型の画面が、まるで包み込まれるような高い臨場感と没入感を演出する。
・3440×1440の高解像度によって、高精細な映像視聴と、広域な作業空間を提供する。
・USB Type-Cを搭載。ケーブル1本で、データ転送、映像/音声データ入力、接続機器の充電が可能。
・3辺フレームレスデザインで、まるで画面だけがそこにあるような極細フレームを採用。
・110mmの高さ調整に対応し、見やすい高さに調整ができる。

◉製品情報 https://www.lg.com/jp/monitor/lg-35WN75C-B

 

 

 

34WN750-B

・多くの専門家が好んで使用するとされる、発色が鮮やかで自然な色彩表現が特長のIPS パネルを採用。
・3440×1440 の高解像度によって、高精細な映像視聴と、広域な作業空間を提供。
・OnScreen Contorl の Screen Split 機能を使用すれば、複数のウィンドウを並列させることで、複数のソフトウェアをウィンドウ切り替えなく、参照しながらのドキュメント作成や、ソフトウェア間のドラッグアンドドロップなど効率的な作業環境を提供。
・USB3.0 の USB ハブ (Up Up×1、DownDown×2)を実装しており、 USB 入力機器や USB ストレージ
デバイスを接続できることで 配線の自由度が 向上する。
・3辺フレームレスデザイン で、 まるで画面だけがそこにあるような極細フレーム を採用。
・110mm の高さ調整にも対応し、見やすい高さに調整ができる。

◉製品情報 https://www.lg.com/jp/monitor/lg-34WN750-B

 

 

 

34WN650-W

・IPSパネルを採用し、映像用のHDR10、VESAが策定したモニター用のHDR規格、DisplayHDR 400に対応。
・400cd/m2(標準値)の高輝度によって、映像の細やかな表現力が可能となり、リアリティあふれる映像を再現。
・110mmの高さ調整に対応し、見やすい高さに調整ができる。

 

◉製品情報 https://www.lg.com/jp/monitor/lg-34WN650-W

 

 

 

29WN600-W

・ひと回り小さな29インチモデルを展開。
・多くの専門家が好んで使用するとされる、発色が鮮やかで自然な色彩表現が特長のIPSパネルを採用。
・PCゲームやコンソールゲーム機や、ブルーレイやVODサービスなどの映像で、増えつつあるHDR10に対応。明るい部分をより明るく、暗い部分をより深い黒で再現。SDR(スタンダードダイナミックレンジ)映像では色の識別が困難であったキメの細やかな映像の暗い部分と明るい部分をしっかりと描写することができる。

◉製品情報 https://www.lg.com/jp/monitor/lg-29WN600-W

 

 

LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社
https://www.lg.com/jp