LiveMedia、ライブ配信時に複数の映像同期が行えるNDIカメラアプリ LM-Camを発表


株式会社LiveMediaは、NewTek社のNDIをベースとしたアプリ『LM-Cam』を発表した。

ブロードキャストソフト(OBS / vMix / Wirecastなど)を利用することにより、簡単に映像同期がとれスイッチングをすることが可能となる。

『LM-Cam』とNDI Converterは相性抜群で映像同期は1fps 以内を実現。そして、NDIスマホアプリとしては初めて、色温度、色合い設定が可能となりプロ並みの映像伝送ができる。また、録画機能を利用することにより素材を二次利用することができる。

LM-Camの特長

・簡単な映像入力&同期
“LM-Cam”を利用してブロードキャストソフト(OBS / vMix / Wirecastなど)に映像入力するだけで遅延調整なく複数の映像同期をとることが可能。

・NDI Converterと相性抜群
NDI Converter(MAGEWELL Pro Convert SDI Plus、BirdDog 4K Quad NDI Encoder/Decoder)との相性抜群、低遅延を実現。
検証結果:https://www.lm-cam.net/post/validation-ndi-broadcast

・映像調整
Full HD、HDなど様々な配信サイズの選択はもちろん、アイリス、色温度、色合い、絞り、フォーカス、フレームレートなどの細かな調整を行うことが可能。 また、設定をプリセットで保存をしておくこともできる。

▲色温度設定

▲絞り設定

▲各種設定

 

・録画機能
配信時でもiPhone本体にRECをすることができるため、配信終了後に映像素材として二次利用することが可能。

・遠隔配信(2022年に対応予定)
スタジオを基地として、外出先からの中継して”ネットワーク外”の離れた場所からも配信が可能。

 

主なカメラ機能

・Video Encoder:Full NDI / H.264 / HEVC対応
・ビットレート設定:H.264(1-20M)、HEVC(1-20M)
・ZOOM、広角機能
・オートフォーカス機能
・フォーカスロック機能
・ISOマニュアル設定
・録画機能
​・色温度設定
・色合い設定
・アイリス(露出)設定
・フレームレート設定(30 / 29.97 / 25 / 24fps)
・解像度設定(1920×1080 / 1280×720 / 960×540 / 640×480)
・プリセット機能
・In / Outカメラ切替
・タリー対応(Program / Preview)
・音声切替(On / Off)
・画面ロック機能

 

基本利用料:無料
Pro版 月額利用料:1,100円 ※初回登録の場合のみ、1ヶ月間無料で使用することができる。
→Video Encoder:HX2(HEVC、H.264)とREC機能が使用できるようになる。
対応OS:iOS
​対応スマートフォン:iPhone11以降
​対応ブロードキャストソフト:OBS、vMix、WireCastなど

【LM-Camアプリダウンロード】
App Store:https://apps.apple.com/jp/app/lm-cam/id1541086068
Google Play:2022年対応予定

 

◉LM-Camアプリサイト
https://lm-cam.net/

株式会社LiveMedia
https://www.livemedia.tokyo/