マウスコンピューター、RTX 6000 Ada世代を2基搭載した「FW-X5N60」を発売

vsw

マウスコンピューターは、クリエイターパソコンブランド「DAIV」のNVIDIA 最新世代のRTX 6000 Ada世代を2基搭載したモデルを9月27日より発売した。価格は3,999,800円(税込)。

 

 

最新のプロフェッショナルグラフィックスカード NVIDIA RTX 6000 Ada世代を2基搭載

NVIDIA RTX 6000 Ada世代は、NVIDIA Ada Lovelace アーキテクチャを採用した最大のパフォーマンスと
信頼性を求めるプロフェッショナル向けに設計された、究極のワークステーショングラフィックスカード。

NVIDIA Ada Lovelace アーキテクチャに基づいて構築された RTX 6000 は、142 個の第 3 世代 RT コア、
568 個の第4世代 Tensor コア、および 18,176 個の CUDA コアと 48GB のエラー訂正コード 付き(ECC)
グラフィックス メモリを組み合わせている。

これらすべてが次世代の AI グラフィックスとペタフロップの推論パフォーマンスを実現し、レンダリング、
AI、グラフィックス、およびコンピューティング ワークロードを前例のない速度で提供する。

第3世代の RT コアは、フォトリアリスティック レンダリングの画期的な性能を提供。第4世代 Tensor コアは、インテリジェント チャットボット、ジェネレーティブ AI、自然言語処理 (NLP)、大規模言語モデル (LLM)、コンピューター ビジョン、NVIDIA Deep Learning Super Sampling 3.0 (DLSS 3)などの
革新的な AI 技術を加速するように設計されている。

構造化されたスパース性と8ビット浮動小数点 (FP8)精度によって、前世代より最大4倍高い推論性能を実現し、メモリ負荷を軽減し、AIスループットを劇的に加速させる。

 

 

高速無線通信が可能なWi-Fi 6Eを搭載

最新の無線LAN規格「Wi-Fi 6E」に対応した無線LANモジュールを標準搭載。一般的な有線LAN接続を上回る
最大2.4Gbps(※)の高速通信や、帯域を分割して同時に複数の端末と通信できるOFDMA(直交波周波数分割多重)方式に対応。

通信効率が向上し低遅延となり、接続端末が多数ある環境でも、ワイヤレスで高速通信が可能。Wi-Fi 6Eより新しく6GHz帯が利用可能になり、より高速で、より快適な通信が期待できるという。

従来から使用可能な5GHz帯は、航空レーダーや気象レーダーにも使用されているため、干渉が起きないようDFS(Dynamic Frequency Selection)という仕組みにより通信切断、待機時間が発生したが、6GHzではDFSを使用していないため安定した通信が可能。

※ 実際の通信速度は、接続する機器・環境によって変動する。

 

クリエイターの声から生まれたDAIV最新のシャーシ

トップクリエイターに不可欠な機能性と、スタイリッシュなデザインコンセプトを高次元で両立。ハイエンドパーツに要求される大型シャーシを実現すると同時に、圧迫感のない曲面を用いたアイコニックなシルエットが特長。

これまでのDAIVデスクトップからは全く新しいデザインであり、なおかつ、これまでのDAIVデスクトップの象徴だったハンドルとキャスターは新シャーシにも継承されている。

 

仕様

製品名:DAIV FW-X5N60
OS:Windows 11 Pro for Workstations 64ビット
CPU:インテル Xeon w5-2455Xプロセッサー
グラフィックス:NVIDIA RTX6000 Ada 世代 ×2基
メモリ:128GB
M.2 SSD:2TB

 

◉製品情報
https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-FWX5N60B7ACC1W02DEC/

DAIVホームページ
https://www.mouse-jp.co.jp/store/brand/daiv/

株式会社マウスコンピューター
https://www.mouse-jp.co.jp/