ニコン、超望遠ズームレンズ NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S、標準ズームレンズ NIKKOR Z 24-120mm f/4 S、マウントアダプター FTZ IIを発表


▲『NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S』(上)、『NIKKOR Z 24-120mm f/4 S』(写真左)、『マウントアダプター FTZ II』(写真右)

 

株式会社ニコンは、「ニコン Z マウント」を採用したフルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ対応の超望遠ズームレンズ『NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S』、標準ズームレンズ『NIKKOR Z 24-120mm f/4 S』と、『マウントアダプター FTZ II』を発表した。発売日と価格(すべて税込)は以下のとおり。

・『NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S』 発売予定 :2022年2月 、385,000円
・『NIKKOR Z 24-120mm f/4 S』 発売予定: 2022年2月 、154,000円
・『マウントアダプター FTZ II』  発売予定: 2021年内 、36,300円

『NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S』は、色にじみや色づきを徹底的に抑え、絞り開放から極めて高い解像性能を発揮する「S-Line」に属するNIKKOR Z レンズ。幅広い焦点距離をカバーするNIKKOR Z レンズ初の超望遠レンズとして、広角端でクラス最短の撮影距離0.75mを実現。また、質量はクラス最軽量の約1355gで、長時間の移動時や、撮影時の負担を軽減。さらに、ニコン初の「重心移動レス機構」を採用し、ズーミングによる重心の変化を大幅に抑制している。

『NIKKOR Z 24-120mm f/4 S』は、高い解像力を有するNIKKOR Z レンズの「S-Line」に属し、色にじみを抑えたシャープな描写を実現する5倍標準ズームレンズ。幅広い焦点距離を開放F値4の一定でカバーし、静止画、動画ともに望遠側での大きなボケを活かした表現が可能。また、クラス最軽量の約630gを実現し、高い携行性を有している。さらに、望遠端で最大撮影倍率0.39倍を実現し、被写体を大きく撮影できまる。

『マウントアダプター FTZ II』は、NIKKOR Fレンズを「ニコン Z マウントシステム」でも可能な限り活かせるように設計したマウントアダプター。従来の「マウントアダプター FTZ」から三脚座をなくし、凸部を最小化することで軽量化を実現。縦位置撮影時にグリップが握りやすく、さまざまなアクセサリーが装着しやすいなど、操作性も向上。また、これまで同様に、AI Nikkor以降の約360種類のレンズに対応し、AEもしくはAE/AF撮影や、手ブレ補正にも対応している。

 

NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S

  • テレコンバーター装着時においても高い解像感を維持し、「Z TELECONVERTER TC-1.4x」(2020年8月発売)を装着することで焦点距離を560mmまで、「Z TELECONVERTER TC-2.0x」(2020年8月発売)を装着することで焦点距離を800mmまで拡大※1
  • 「STM(ステッピングモーター)」を採用した「マルチフォーカス方式」により、静止画、動画を問わず高速・高精度・静粛なAF駆動を実現
  • NIKKOR Z レンズで最も高い5.5段※2の手ブレ補正効果を持つ光学式VR機構を搭載
  • 倍率色収差を光学的に補正することに加え、スーパーEDレンズとEDレンズの採用により軸上色収差も大幅に抑制することで、画面全域において絞り開放からクリアーな画像が得られる
  • ニコン独自の「ナノクリスタルコート」と「アルネオコート」の採用で、ゴースト、フレアを低減
  • クラス最大※3撮影倍率0.38倍(望遠端)で被写体を大きく撮影可能
  • ニコン初の「重心移動レス機構」を採用し、広角端から望遠端のズーミング時の重心移動を大幅に抑制
  • ズームリングの回転角はクラス最小※3の80度を実現し、持ち替えることなく広角端から望遠端のズーミングが可能
  • 高い操作性を発揮する、静粛で滑らかな操作が可能な「コントロールリング」
  • ズーミング時のピントの移動やフォーカシング時の画角変化の低減など、動画撮影に配慮した設計
  • 高い防塵・防滴性能※4や、堅牢性と耐候性を備えた高い信頼性、フッ素コート採用による高い防汚性能

主な仕様

マウント ニコン Z マウント
焦点距離 100-400mm
最大口径比 1:4.5-5.6
レンズ構成 20群25枚(EDレンズ6枚、スーパーEDレンズ2枚、ナノクリスタルコートあり、アルネオコートあり、最前面のレンズ面にフッ素コートあり)
画角 24°20′-6°10′(撮像範囲 FX)
16°-4°(撮像範囲 DX)
寸法 約98(最大径)×222mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約1435g(三脚座を含む)、約1355g(三脚座なし)

 

◉製品情報
https://www.nikon-image.com/products/nikkor/zmount/nikkor_z_100-400mm_f45-56_vr_s/

 

 

NIKKOR Z 24-120mm f/4 S

  • 120mmまで望遠域をカバーしながら、どの焦点距離においても高い光学性能を発揮。静止画・動画を問わず様々なシーンに対応
  • ズーム全域で最短撮影距離0.35mを実現し、被写体に近づいた撮影が可能
  • 「STM(ステッピングモーター)」を採用した「マルチフォーカス方式」により、静止画、動画を問わず高速・高精度・静粛なAF駆動を実現
  • EDレンズ3枚、ED非球面レンズ1枚、非球面レンズ3枚を採用した光学系により色収差を効果的に抑制
  • ニコン独自の「ナノクリスタルコート」と「アルネオコート」の採用で、ゴースト、フレアを低減
  • 高い操作性を発揮する、静粛で滑らかな操作が可能な「コントロールリング」
  • ズーミング時のピントの移動やフォーカシング時の画角変化の低減など、動画撮影に配慮した設計
  • 高い防塵・防滴性能※4や、フッ素コート採用による高い防汚性能

 

主な仕様

マウント ニコン Z マウント
焦点距離 24mm-120mm
最大口径比 1:4
レンズ構成 13群16枚(EDレンズ3枚、ED非球面レンズ1枚、非球面レンズ3枚、ナノクリスタルコートあり、アルネオコートあり、最前面のレンズ面にフッ素コートあり)
画角 84°-20°20′(撮像範囲 FX)
61°-13°20′(撮像範囲 DX)
寸法 約84mm(最大径)×118mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約630g

 

◉製品情報
https://www.nikon-image.com/products/nikkor/zmount/nikkor_z_24-120mm_f4_s/

 

 

マウントアダプター FTZ II

型式 マウントアダプター
寸法 約70.0mm(最大径、突起部除く)×70.0mm
質量 約125g

 

◉製品情報
https://www.nikon-image.com/products/accessory/body/ftz_2/

 

株式会社ニコン
https://www.nikon.co.jp/