パナソニック 、Lマウントシステム用の中望遠単焦点レンズ S-S85を発表


パナソニック株式会社は、ルミックスフルサイズミラーレス Sシリーズ用交換レンズ『S-S85』を11月26日より発売する。価格は、81,400円(税込)。

同製品は、ライカカメラ社の開発したLマウントを採用し、卓越した描写性能、美しいボケ味、印象的な立体感を追求するとともに、機動性の優れた「Sレンズ」として展開。高い解像性能と開放F値F1.8が生み出す美しいボケ味での描写を小型・軽量(質量約355 g)サイズで実現。被写体との適度な距離が生まれる85 mmという焦点距離と、F1.8の美しいボケを活かした手軽なポートレート撮影、85 mmの画角で切り取るスナップ・風景撮影、F1.8の明るさを活かした暗所での撮影など幅広いシーンで優れた描写力・表現力を発揮できる。また、防塵・防滴、マイナス10℃の耐低温設計に対応のため、さまざまなフィールドで撮影が可能。

さらに、今後発売予定のF1.8シリーズとサイズなどの仕様や操作性を統一することで、撮影の機動力向上や、レンズ交換時の取り回しの良さを可能にするとしている。

『S-S85』装着イメージ

 

 

主な特長

1. 開放F値1.8で、ポートレート撮影に適した美しいボケ味と鮮明な描写力

開放F1.8の大口径単焦点レンズによる美しいボケ味を活かしたポートレート撮影を手軽に楽しめる。背景のなめらかなボケ味と高精細な被写体のディテール描写を両立することで立体感のある象徴的な表現が可能。中望遠レンズが織りなす自然な遠近感が組み合わさることで、ポートレートのみならず、小物を撮影するようなスナップといったシーンでも被写体を鮮明で印象深く捉えることが可能。また口径食を抑えることで、夜景といったシーンにおいても美しい玉ボケで作品の背景を彩ることが可能。8群9枚のレンズ構成で、EDレンズ2枚を最適に配置することで色収差を補正し、近接から無限遠まで全ての撮影領域において高い解像性能を発揮する。

2. 小型・軽量で、写真・動画撮影で優れた表現力と高い操作性を実現

Sシリーズレンズにおいて、大口径ながら持ち運びしやすい小型・軽量を実現。機材の重量を感じることなく撮影に集中することができる。また明るいF値を活かした夜景撮影、ポートレートからスナップ、風景撮影など、さまざまなシーンで優れた描写性能を発揮。同製品をはじめ、今後発売予定のF1.8単焦点シリーズは、仕様や操作性を統一し、レンズ交換などの負担を軽減、レンズを交換した後も操作性を統一しているので素早く画角を切り替えることが可能。また、サイズを共通化することにより、レンズ交換時リグに組んでいる他の機材への干渉を避け、ジンバルやドローンを活用した動画撮影でもレンズ交換時のバランス調整作業などを最低限に抑えるなどのメリットがある。

3. 防塵・防滴・耐低温仕様の高い機動力

防塵・防滴仕様により、フィールド撮影において、ほこりや水滴などからレンズを守り撮影に集中できる。また、マイナス10℃の耐低温設計により、雪山などの厳しい寒冷地の環境下でも撮影可能な高い機動力を備えており、さまざまな撮影シーンをサポートする。

 

◉製品情報
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2020/11/jn201105-2/jn201105-2.html

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html