パナソニック、Sシリーズ用標準ズームレンズ LUMIX S 20-60 mm F3.5-5.6 を発表


パナソニック株式会社は、ルミックスフルサイズミラーレス Sシリーズ用交換レンズ『 LUMIX S 20-60 mm F3.5-5.6』(S-R2060)を7月22日より発売する。価格は74,000円。

同製品は、非球面レンズ2枚、EDレンズ3枚、UHRレンズ1枚の特殊レンズの最適配置により、小型軽量ながら、超広角20 mmから標準域60 mmまでカバーの卓越した描写性能となめらかなボケ味を両立したズームレンズ。静止画では最短撮影距離15 cmの近接撮影により花やペットなどの日常撮りを、動画では超広角を活かし、Vlogでの自分撮りやスペースの限られた室内などでのドキュメンタリー撮影にも適している。また、防塵防滴、マイナス10℃の耐低温設計に対応のため、さまざまなフィールドで撮影ができる。

 

特長

1. 超広角20 mmからのダイナミックな写真・動画表現が可能

超広角の20 mmワイド端においては、遠近感を強調した風景撮影はもちろん、屋内イベントやテーブルフォトなどの幅広い撮影が可能。スペースの限られた場所でもより広い範囲を写し込むことができ、多様な撮影シーンに対応しする。また、超広角20 mmから標準域60 mmまで幅広い撮影領域をカバーするため旅先や街のスナップ撮影に最適。

動画撮影においても超広角を活用したダイナミックな映像表現が可能なので、Vlogやドキュメンタリーなどさまざまな映像ジャンルで印象的な動画を撮影することができる。レンズ性能は、非球面レンズ2枚、EDレンズ3枚、UHRレンズ1枚のレンズを最適に配置・構成することにより、ズーム全域で優れた描写性能を発揮し、ステッピングモーターを用いた毎秒240回のAF制御で高速・高精度AFも実現。

 

2. 表現の幅を広げる、最短撮影距離15 cmのマクロ撮影

標準ズームレンズながら、最短撮影距離15 cmのマクロ撮影が可能です。最大撮影倍率は0.43となり、被写界深度が浅く大きなボケ効果を得られるので、植物やペット、小物などの身近な被写体も手軽に印象的な作品にすることができまる。

 

3. 小型・軽量で、防塵・防滴・耐低温仕様の高い機動力

フルサイズ Lマウントシステム Sシリーズレンズの標準ズームレンズにおいて小型・軽量なコンパクト設計を実現。フィールドで撮影に集中できる防塵・防滴仕様、雪山などの寒冷地でも撮影可能なマイナス10℃の耐低温設計など高い機動力を備え、さまざまな撮影シーンをサポート。またレンズ最前面にはフッ素コーティングを採用しており、レンズ表面に汚れが付着しにくく、付着した場合も簡単に取り除くことができる。

 

仕様

焦点距離 : f=20-60mm
レンズ構成:9群11枚(非球面レンズ2枚、EDレンズ3枚、UHRレンズ1枚)
マウント:ライカカメラ社L-Mount
撮影距離範囲:0.15m~∞(W端~焦点距離26mm) / 0.4m~∞(T端)(撮像面から)
絞り:F3.5-5.6
絞り羽根:9枚羽根 円形虹彩絞り
フィルター径:67mm
サイズ:Φ77.4mm×約87.2mm
質量:約350g
付属品:レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップ

 

 

◉製品情報
https://panasonic.jp/dc/products/s_series_lens/lumix_s_20-60.html

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html