パナソニック、AI技術により自動で最適な画質に調整する4K液晶ビエラ 2シリーズ4機種を発表


写真左から、『JX900シリーズ』2機種(65V型、55V型)、『JX850シリーズ』2機種(49V型、43V型)

 

パナソニック株式会社は、AI技術により自動で最適な画質に調整する新技術を搭載した、液晶テレビ“4Kビエラ”JX900シリーズ2機種(65V型、55V型)、JX850シリーズ2機種(49V型、43V型)を4月23日より順次発売する(JX850シリーズ43V型のみ今夏発売予定)。価格は以下の通り。

  • TH-65JX900(65V型)市場想定価格:260,000円前後
  • TH-55JX900(55V型)市場想定価格:180,000円前後
  • TH-49JX850(49V型)市場想定価格:155,000円前後
  • TH-43JX850(43V型)市場想定価格:未定

 

同シリーズは新4K衛星放送や4Kネット動画、ゲームなどのさまざまなコンテンツをより手軽に臨場感あふれる画質、音質で楽しめるモデルとして開発した東京2020オリンピック・パラリンピック公式テレビ。

同シリーズでは映像処理回路を一新し、高画質技術が進化。新たにディープラーニングを活用したAI技術によるシーン認識アルゴリズムを搭載したことにより、シーンに応じて画質を自動で最適化する「オートAI画質」を実現。これにより、ユーザーはコンテンツに応じて画質調整をすることなく自動で最適な画質で楽しむことができる。

さらに増えてきたHDRコンテンツの魅力を存分に味わうことができるよう、映像信号処理技術を進化させた。プロの映像制作用マスターモニターにも採用されている3次元カラーマネジメント回路(3D-LUT)を搭載した「ヘキサクロマドライブ」や「Wエリア制御」の進化により、4K/HDR映像を明部から暗部まで色と階調を忠実に再現する。また、最新ゲーム機にも採用されるHDMI2.1規格の4K120p入力に加えて、映像の入力から表示までの遅延を抑えて、より快適なゲーム体験を実現した「ゲームモード エクストリーム」も新たに搭載。

音質面では30 Wのダイナミックサウンドシステムに加えて立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」に対応し、テレビのスピーカーのみで上下左右から音に包み込まれる迫力の立体音響が楽しめる。また、地震に強く倒れにくい、好評の吸着機能付きの転倒防止スタンドも採用。

主な特長

1. 簡単に臨場感あふれる画質・音質が楽しめる

(1)AI技術を活用したシーン認識アルゴリズムで、自動でかしこく画質調整「オートAI画質」

(2)上下左右から音に包み込まれる迫力の立体音響技術「ドルビーアトモス」に対応

2. 地震に強く、倒れにくい「転倒防止スタンド」

3. 外付けハードディスク(別売)への新4K衛星放送の2番組同時録画に対応

 

 

◉製品情報

JX900シリーズ
https://panasonic.jp/viera/products/jx900.html

JX850シリーズ
https://panasonic.jp/viera/products/jx850.html

 

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html