パナソニック、2018年12月1日からスタートする新4K衛星放送に対応する 4Kチューナー「TU-BUHD100」を発売


パナソニック株式会社は、2018年12月1日よりスタートする新4K衛星放送に対応した4Kチューナー「TU-BUHD100」を10月中旬より発売と発表した。価格はオープン(店頭予想価格は35,000円前後)。

新4K衛星放送は、従来放送よりも高精細かつ色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現が魅力。「TU-BUHD100」を4Kビエラに接続することで新4K衛星放送を視聴できるようになるまた、ビエラリンクにより、4Kビエラの電源の入/切に連動することはもちろん、ビエラのリモコン1つで選局などの視聴操作も行え、快適な操作性を実現。さらに新4K衛星放送開始までに4K放送の録画に対応したディーガ(レコーダー)の発売を予定しているという。

◉主な特長
・フルハイビジョンの4倍も高精細「新4K衛星放送」に対応
高精細:フルハイビジョンの4倍もの高解像度(3,840×2,160)で放映され、高画質技術が採用されている。
色鮮やか:従来よりも表現できる色が飛躍的に広がった「BT.2020」規格を採用。
細かな色表現:階調表現も8bitから10bitに進化し、きめ細やかで豊かな色彩表現を実現。
光の表現力アップ:高輝度化技術「HDR」に対応(新4K衛星放送では、HLG方式を採用)。
動きの情報量アップ:動きの情報量もさらに増え、スポーツなどの動きの速い映像もより滑らかに。

・4Kビエラのリモコン1つで快適操作

パナソニック株式会社
https://panasonic.jp/