ブラックマジックデザインのライブプロダクション・ワークフローが使われている現場〜ロンドンのRed Bull Gaming Sphere


ブラックマジックデザインは、ロンドンのRed Bull Gaming Sphereにおいて、URSA Mini Pro、Micro Studio Camera 4K、ATEM 4 M/E Broadcast Studio 4K、DeckLink 8K Proを組み込んだライブプロダクション・ワークフローが使用されていることを発表した。

多目的用途に対応したこのeスポーツスタジオは、ゲームプレーヤーのみならず、様々なレベルのトーナメ ント、イベント、ワークショップなどの舞台裏で働く人々のスキルを磨くために誕生した。システムインテ グレーターのDreamtekは、高画質のゲームコンテンツを大画面に送信したり、Twitc、YouTube、 Facebookなどにライブ配信したりするために、柔軟性が高く、低遅延のライブプロダクション・ワークフローを設計/実装した。

「私たちが一番心配していたのは、施設中で行われているゲームプレイを収録できるか、そしてゲームファンが納得する高フレームレートで配信できるかということです。ファンはそのレベルでないと受け入れません。そこで私たちは、あらゆるカメラ、PC、ゲーム機からキャプチャー、収録、再生が可能なIP/SDIのインフラを考案しました。」Dreamtekのチーフエンジニア、カシャン・バット(Kashaan Butt)氏は説明する。
「ネットワークの中心となっているSmart Videohubは、ゲームプレイの出力だけでなく、URSA MiniPro、Micro Studio Camera 4K、そしてプレーヤーの感情やリアクションを捉える12台の小型”ゲーマーカメラ”ユニットからのライブフィードも扱っています。DeckLink 8K Proキャプチャーカードは、12GSDIを介した高解像度の再生が可能です。eスポーツの世界では、高フレームレートでゲームプレイを扱えることが率直に言って絶対必要です。」バット氏は続ける。「DeckLink 8Kは私たちが必要とする柔軟性と制作価値を備えており、イベント中にのゲーム機を何台使用したとしても対応できます。」

URSA Mini ProカメラからのSSD収録、マルチチャンネルH.264エンコーダーからストリーミングサーバー へのフィード、4K収録用の複数台のHyperDeck Studio Miniなどを含む、マルチキャプチャー・メソッド がシステムを通じて採用されている。

「ワークフローを簡略化するために、H.264に対応していることは特 に重要でした。」バット氏はさらに続ける。「対戦型ゲームは数時間続くことがあるので、予めトランスコー ドを行い、ストレージに必要なデータ容量を減らす必要があります。」

複数のプログラムのスイッチングには、ATEM 4 M/E Broadcast Studio 4Kが使用されている。これによ り、Red BullはSphere内の異なるエリアで同時に行われている複数のイベントを全てカバーすることが可 能となった。「コメンテーターやプレゼンターをゲームプレイの映像にオーバーレイできるように、グリー ンバックを設置したスタジオスペースも備えているので、4列のM/Eバス、そしてATEMのクロマキー・コン トロールは必要不可欠です。」バット氏は説明を続ける。 「Red Bullは、最先端のコンテンツで世界的に高い評価を得ていますが、これはeスポーツ市場への参入に よるものだと思います。Blackmagic Design製品は信頼性の高いキャプチャー、配信、コントロール、撮影 を実現できるため、Blackmagic Design製品を採用したワークフローは、私たちが必要とする制作価値を 提供してくれると最初から確信していました。ソリューションの調達、事前設定、設置、テストなどを厳しいスケジュールでこなす必要のあるインテグレーターにとって、Blackmagicワークフローは値千金であると言えますね。」バット氏は最後こう結んだ。

 

◉ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp