ローランド、誰でも簡単に映像の切り替えや合成ができる業務用映像製品マトリックス・スイッチャー『XS-42H』とビデオ・プロセッサー『VP-42H』を発売


ローランド株式会社は、企業や学校の会議室やイベント会場などで映像を使ったプレゼンテーションを簡単操作で効果的に行える業務用映像製品、マトリックス・スイッチャー『XS-42H』とビデオ・プロセッサー『VP-42H』を、2018年10月19日(金)に発売する。市場想定価格はそれぞれ14万円前後(『XS-42H』)と16万円前後(『VP-42H』)。

マトリックス・スイッチャー『XS-42H』とビデオ・プロセッサー『VP-42H』は、機器の接続や操作などの専門技術や知識が不要、誰でも簡単に映像のスムーズな切り替えや合成ができる製品。ティッシュボックス程度のコンパクトなサイズなので設置場所を選ばず、タブレットやスマートフォンからリモート操作ができるので広い会議室内での会議やプレゼン時にも最適。

『XS-42H』


最大4つの映像を2画面に出力できスムーズに切り替えられるマトリックス・スイッチャー。自動入力検知機能により、ケーブルをPCやタブレットに接続するだけの簡単操作で機材トラブルを防ぎながら円滑に会議を進行できる。

【主な特徴】
・HDMI x 4 入力、HDMI x 2 出力
・自動で入力信号を検知し、スムーズに切り替える「オート・インプット・ディテクト」搭載
・映像の切り替えに合わせ、音声の切り替えができる「8chデジタル・オーディオ・ミキサー」搭載
・iPadアプリ、PCアプリによるリモート・コントロールに対応
・会議・ミーティング用のシーン機能を搭載

【スペック】
外形寸法:242(幅)× 125(奥行)× 44(高さ)mm
質量:1.2kg

『VP-42H』


最大4つの映像を1つの画面に合成できるビデオ・プロセッサー。映像を切り替える際、アニメーションなどの特殊効果を付加できるので、目を引くことができインパクトのあるプレゼンテーションを行える。

【主な特徴】
・HDMI x 4 入力、HDMI x 2 出力(1 系統)
・幅広い映像フォーマットに対応するマルチフォーマット入出力機能
・スムーズな動きでシーンの切り替えを演出する「モーション・シーン・スイッチング」搭載
・ブラウザー上で入力切り替えや設定の変更などのリモート操作がネットワーク経由で可能
・HDMI入力とライン入力の音声を管理する4ch デジタル・オーディオ・ミキサー搭載
・多彩な画面構成を可能にするキー合成機能

【スペック】
外形寸法:242(幅)× 125(奥行)× 44(高さ)mm
質量:1.2kg