DJI、『Ronin 4D Flex』を発表。DJI初のシネマグレードレンズも同時発表。


DJIはZenmuse X9ジンバルカメラをRonin 4D本体から取り外して使用できる『Ronin 4D Flex』とDJI初のシネマグレードレンズ『DL PZ 17-28mm T3.0』の発売を発表した。公式オンラインストア「store.dji.com」と正規販売代理店より販売している。価格はそれぞれ下記の通り(いずれも税込)。

  • Ronin 4D Flex:111,650円
  • DL PZ 17-28mm T3.0:200,420円
  • Ronin 4D Apple ProRes RAWアクティベーション ライセンスキー:142,890円(※)

※オンラインストアのみの販売

『Ronin 4D Flex』には、パン軸クイックロックx1、Ronin 4Dハンドグリップアダプターx2、ハンドグリップ アダプターケーブルx2が同梱している。

 

■製品概要

『Ronin 4D Flex』は、Zenmuse X9ジンバルカメラをRonin 4D本体から取り外して使用することができるため、手持ちで撮影する際の重量やサイズが低減され、より柔軟なカメラワークで撮影できる。4Dハンドグリップやメインモニターとシームレスに接続でき、ワンオペレーションでの撮影も効率的に。

『DL PZ 17-28mm T3.0』は、DJI純正の完全なフォーカス調整とズーム調整に対応し、Ronin 4Dシステムの画質を新たなレベルへと引き上げる。

さらに、DJIストアにてRonin 4D用のApple ProRes RAWコーデックのアクティベーション ライセンスキーを購入できるようになり、より容易にRonin 4Dでシネマレベルの映像制作を行えるように。

 

■『Ronin 4D Flex』の特長

撮影の規模に関わらず、活躍できる柔軟性

『Ronin 4D Flex』の使用により、柔軟で効率的なカメラワークを実現。

ワンオペレーションでの撮影では、X9ジンバルカメラをRonin 4D本体から取り外して使用することで、Ronin 4Dのハンドヘルド重量がわずか1.8 kgまで低減でき、イベント撮影やドキュメンタリー撮影のような動きの多いシーンでも疲れにくく、容易に長時間の撮影ができる。

また、X9ジンバルカメラを様々なリグに取り付けでき、これまで非常に難易度が高く不可能だった、車内のような狭い場所を通り抜ける、といったダイナミックに動く必要のあるショットでも、シネマレベルの映像を撮影することが可能。

リアルタイムでの制御

『Ronin 4D Flex』とRonin 4D本体を接続する2 mの極細同軸ケーブルは、最大8K映像のロスレス伝送に対応、カメラセンサーから本体まで瞬時に高速信号を伝送し、制御信号やモニター信号もリアルタイムで伝送。

このソリッドケーブルを使用した接続方法により、『4D Flex』はどんなに狭い空間での撮影でも、今まで以上に柔軟にカメラ位置を調整できる。さらに、Zenmuse X9ジンバルカメラをシネマグレードの超小型リモートヘッドとしても使用可能。

プロの撮影に相応しい操作体験

『Ronin 4D Flex』は、拡大し続けているプロ向け撮影ソリューションであるRoninエコシステムと互換性がある。

Ronin 4Dのハンドグリップやメインモニターと完全な互換性があり、シネマティック映像イメージング、3軸安定化機構、LiDARフォーカス制御、プロ向けのモニタリング&操作体験などの撮影ソリューション一式を映像制作者に提供。

Flexを使用する構成とRonin 4D本体のみを使用する構成を、道具を使わず現場で素早く切り替えられるため、幅広い撮影シーンで活躍。固定ショットを撮影する場合、同梱のパン軸クイックロックを『4D Flex』に取り付けることで、望遠レンズ、シネマズームレンズ、アナモルフィックレンズなど、より幅広い種類のペイロードに対応し、直面するシーンに適したレンズを自由に選ぶことができる。

 

■『DL PZ 17-28mm T3.0』の特長

DJI初のシネマズームレンズ

『DL PZ 17-28mm T3.0』レンズは、DJI初となるシネマグレードズームレンズ。

正確なバックフォーカス制御とネイティブシステムキャリブレーションにより、オートフォーカス、マニュアルフォーカス、自動マニュアルフォーカス (AMF)のどのモードでも正確に制御できる。

このレンズをZenmuse X9に取り付けると、中央から端まで超高精細に撮影でき、また、最短撮影距離は0.19 mで、超広角から広角の焦点距離をカバーする。

ワンテイクで、思い通りの撮影を

ボディ部分がマグネシウム – アルミニウム合金で作られた『DL PZ 17-28mm T3.0』レンズは、重量が約520gと軽量で、サイズ・重量ともに、X9ジンバルカメラに適したレンズとなっている。

レンズにはサーボズームモーターが内蔵され、スムーズで安定したズームを利用できる。外部フォーカスモーターを取り付けたり、レンズキャリブレーションをする必要はない。

また、DL PZ 17-28mmレンズは、ズームを調整してもレンズ自体のサイズは変化しないため、レンズの再バランス調整は不要。

 

◉製品情報
https://www.dji.com/jp/ronin-4d#41072

DJI JAPAN株式会社
https://www.dji.com/jp

vsw