ケンコー・トキナー、ソニーEマウント用35mmフルサイズ対応のシネAFレンズ「SAMYANG V-AF 45mm T1.9」を発売


 

株式会社ケンコー・トキナーは、ソニーEマウント用35mmフルサイズ対応のシネAFレンズ『SAMYANG V-AF 45mm T1.9』を7月21日より発売する。価格はオープンで、同社オンラインショップ価格は102,850円(税込)。

『SAMYANG V-AF 45mm T1.9』は、個人のビデオクリエイターから小規模なプロダクション・映画製作者のために登場した、小型・軽量のシネAFレンズ。

V-AFレンズは、8Kカメラまでの高解像度カメラ用に設計されたレンズで、高速に作動する絞りと正確なボケを実現。統一された色調により、色合わせなどの編集時間が短縮される。

280gの軽さで、シリーズのレンズを統一。さらに長さや重心位置も同じのため、ジンバル使用時にレンズ交換を行なっても、バランスを取り直す必要がないとしている。

 

 

 

主な特長

統一したフォームファクター
超広角から中望遠までΦ72.2×72.1 mmの小型サイズと 280gを一貫して採用。ジンバルのペイロードへの負担を軽減するとともに、レンズ交換時にバランスの再調整が不要。

タリーランプ
録画状態が撮影されている側からわかる、タリーランプをレンズ前面と側面に装備。

スムーズなフォーカス移行
カメラ録画時のスムーズなフォーカス移動、フォーカスリング回転角度は300°のリニアMF、フォーカスのスピードはレンズマネージャーソフトで調整可能。別売CineKitも対応。

カスタムスイッチ
M1とM2の切り替えにより、レンズをAF作動時に、フォーカスリングで絞り設定ができます。スイッチの設定内容は「レンズステーション」と「レンズマネージャー(ソフト)」で変更可能。

フォーカスホールドボタン
フォーカスホールド機能(AFモード時)とフォーカスセーブ機能(MFモード時)が使用可能。さらにレンズステーションにより、別の機能の割り当てができる。

シリーズで統一されたカラーバランス
SAMYANGのCCI規格に合わせて設計。 レンズを交換しても、カラーバランスが異なることはない。

レンズ前面のメタルアクセサリーマウント
別売の「マニュアルフォーカスアダプター」に対応。

■ 電子コネクタ
レンズ前面に、別売のアクセサリーに対応する、電子コネクタを装備。

静かで速いAF
リニアSTMモーターがカメラと連携して動作し、速くて静かなオートフォーカスを実現。

ウェザーシーリング
防塵防滴を実現するため、6点のウェザーシーリングをレンズ内に装備。

 

 

仕様

開放T値 T1.9
イメージサークル Φ43.3mm
画角(フルフレーム) 52.3°
画角(スーパー35) 35.3°
最短撮影距離 0.38m
フォーカスブリージング(∞~1m) 5.5%
フロント部直径 70mm
フィルター径 58mm
絞り羽根枚数 9枚
フォーカスリング回転角 300°
サイズ Φ72.2×72.1mm
重量 280g

 

 

◉製品情報
https://www.kenko-tokina.co.jp/camera-lens/samyang/v-af/45mm_t19.html#tab-1

株式会社ケンコー・トキナー
http://www.kenko-tokina.co.jp/

vsw