シャープ、映像や写真の編集作業用 32V型 8K液晶ディスプレイを発表


シャープは、高精細コンテンツの緻密な制作・編集作業を支援する32V型 8K液晶ディスプレイ『8M-B32C1』を6月下旬より発売する。価格はオープンで、市場想定価格は2,178,000円(税込)前後。

『8M-B32C1』は、卓上などの限られたスペースにも設置しやすい32V型 8K液晶パネルを搭載。約280dpiの高密度表示により、被写体の質感や陰影までをリアルに映し出すので、写真や画像の細部までを確認しながら、効率的にレタッチ・編集作業が行える。また、HLG方式とPQ方式、2つのHDR映像に対応しているので、TV番組や映画、ネット配信動画など、幅広いジャンルの動画コンテンツの制作でも活用できる。

ピーク時1,000cd/m2・全白時800cd/m2 の高輝度と、100万:1の高コントラスト比、Rec.2020規格の85%をカバーする広色域表示により、広範囲の輝度と色情報を持つHDRコンテンツを、豊かな階調表現と鮮やかな色彩で再現。

さらに、同社独自の「SHARP Advanced UCCT」技術を搭載。色ムラや輝度ムラを抑えた均一性の高い表示が可能。定期的に表示の経年劣化を補正するハードウェアキャリブレーションにも対応。


▲利用イメージ

 

主な特長

1.卓上などの限られたスペースにも設置しやすい32V型 8K液晶ディスプレイ

2.HLG方式とPQ方式の2つのHDR映像に対応。幅広いジャンルの動画コンテンツの制作過程で活用できる

3.独自の「SHARP Advanced UCCT」技術により色ムラや輝度ムラを抑制

4.ハードウェアキャリブレーションに対応し、表示の経年劣化を補正可能

 

 

編集・撮影サポート機能

・輝度クリッピング
HDR映像を表示する際に、指定した輝度値を超える領域を警告表示します。白飛びした状態になる部分を確認できる。

・色域外警告
Rec.2020の色域を持つ映像を表示する際に、Rec.709の色域を超える領域をグレーで警告表示できるほか、Rec.709の領域内に収まるように調整することが可能。

・ピーキング
輪郭がはっきりしている部分に色を付けて映像を表示する。撮影の際にフォーカスを確認できる。

・フォルスカラー
輝度レベル毎に異なる色で映像を表示します。撮影の際に輝度レベルの整合性や露出を確認できる。

・マーカー
映像に四角い枠や十字のマーカーを表示し、有効領域やセンターをガイドする。

・モノクロ
カラー映像をモノクロで表示する。

・ブルーオンリー
赤色と緑色の信号をカットし、映像を青色の信号のみで表示します。映像信号のノイズ成分を確認できる。

 

◉製品情報
https://jp.sharp/business/color-management-display/lineup/8mb32c1/

シャープ株式会社
https://jp.sharp/aquos/