シグマ、富士フイルムXマウント対応の「SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN」を発売


シグマは、富士フイルムXマウント対応の「SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN」を2022年12月2日に発売する。希望小売価格は73,150円(税込)。花形フード(LH582-02)、フロントキャップ(LCF-55 Ⅲ) 、リアキャップ(LCR Ⅱ)が付属する。

 

対応マウントの追加にあたり、Xマウント用交換レンズ専用にAF駆動や通信速度の最適化といった制御アルゴリズムを開発。高速AFの実現に加え、AF-C(コンティニュアスAF)、ボディ内収差補正にも対応している。マウント部にはゴムのシーリングを施し、様々な環境での使用に配慮している。

 

【主な特長】

  • シャープな描写を楽しめる、大口径F2.8通し標準ズームレンズ
  • ミラーレスカメラシステムに最適な圧倒的小型軽量ボディ

 

大口径F2.8通し標準ズームレンズ

35mm判換算で27-75mmの使いやすいズーム域、ボケ表現も楽しめるF2.8の明るさ、最新の光学設計技術により実現したシャープな描写、そのすべてをコンパクトなボディに凝縮。最短撮影距離12.1cm、最大撮影倍率1:2.8のため、被写体に自由に迫った撮影などコンパクトな撮影システムを活かした撮り方が可能。

 

ミラーレスカメラシステムに最適な圧倒的小型軽量ボディ

APS-Cミラーレスカメラの優れた携行性、そのメリットを最大化させる圧倒的な小型軽量ボディが18-50mm F2.8 DC DN | Contemporaryの大きな特長。大口径F2.8通しながら、最大径 φ61.6mm、長さ76.8mm、質量285gというクラス最小最軽量を実現。

 

他マウントの「18-50mm F2.8 DC DN|Contemporary」から、Xマウント用へのマウント交換サービスについては、2022年12月2日よりサービスを開始する。
▼詳細
https://www.sigma-global.com/jp/support/purpose/mcs/?mode=search&product_category=lens

 

主な仕様

  • レンズ構成:10群13枚(SLD1枚、非球面レンズ3枚)
  • 画角(APS-C):76.5°(W)-31.7°(T)
  • 絞り羽根枚数:7枚(円形絞り)|最小絞り:F22|最短撮影距離:12.1(W)-30(T)cm
  • 最大撮影倍率:1:2.8(W)-1:5(T)|フィルターサイズ:φ55mm
  • 最大径×長さ:φ61.6mm × 76.8mm|質量:285g
    ※数値はXマウント用

 

◉製品情報
https://www.sigma-global.com/jp/lenses/c021_18_50_28/

SIGMA Xマウント特設ページ
https://www.sigma-global.com/jp/magazine/m_series/others-lenses/fujifilm-x-mount/sigma_xmount_lenses/

SIGMA
https://www.sigma-global.com/