ソニー、21:9ワイドディスプレイのスマートフォン Xperia 8 Liteを発表。3万円前後でMVNO向けに発売


ソニーは、21:9ワイドディスプレイのミッドレンジスマートフォン『Xperia 8 Lite(エクスペリア エイト ライト)』を日本国内の一部MVNO事業者を中心に発売する。カラーは、ブラックとホワイトの2色。発売日は、9月1日以降。価格はオープンで、市場想定価格は3万円前後。

『Xperia 8 Lite』は、本体幅約69mmの手のひらに収まる持ちやすいサイズに、アスペクト比21:9、約6.0インチのフルHD+ディスプレイを搭載。縦長ディスプレイにより一度に表示できる情報量が大幅に増すほか、ソニー独自のUIを実装した21:9マルチウィンドウに対応。動画を見ながらSNSの閲覧やメッセージのやり取りなど、2つのアプリを同時に操作する快適な「ながら操作」が可能。

さらに、映画やミュージックビデオなどで採用される21:9の映像をフル画面で楽しめる。メインカメラには、約1200万画素と約800万画素のデュアルカメラを搭載。背景ぼけや光学2倍ズームにより、被写体を際立たせた写真が楽しめる。動画機能は、4K動画の撮影が可能。

フロントパネルとバックパネルに高強度なCorning Gorilla Glass 6を採用するほか、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)に対応。本体サイズは約69×158×8.1mmで、質量は約170g。

 

◉製品情報
https://www.sonymobile.co.jp/xperia/xperia8lite/

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/