ソニー、小型ボディに大口径ARC-Fレンズを搭載した4K HDR ホームシアタープロジェクター『VPL-VW855』、『VPL-VW855』、『VPL-VW855』の3機種を発表


ソニー株式会社は、独自開発のディスプレイデバイス「ネイティブ4K SXRDパネル」を搭載し、4K、HDRに対応した高画質4K HDRホームシアタープロジェクター『VPL-VW855』、『VPL-VW855』、『VPL-VW855』の3機種を発売する。

◉ラインナップ
『VPL-VW855』

カラー:ブラック
発売日:11月17日
メーカー希望小売価格:3,000,000円

『VPL-VW855』は、コンパクトな筐体を維持しながら、大口径4K「ARC-F(All Range Crisp Focus)」レンズを搭載。18枚のレンズを使用し、フローティングフォーカス方式を採用されており、フォーカス時に2つのレンズ群を可動させることで、画面の中心部から周辺部、また、近距離投写時から遠距離投写時まで安定した結像性能を実現する。

さらに、新機能「デジタルフォーカスオプティマイザー」により、レンズ性能の評価指標であるMTF(Modulation Transfer Function)が向上。スクリーンに投影される際に発生するレンズの収差を、画面上の座標と画質のパターンから最適化し、映像本来の美しさをより忠実に再現することができるという。また、青色レーザーと蛍光体を組み合わせた独自開発のレーザー光源システムZ-Phosphorを採用し、2,200ルーメンの高輝度かつ高コントラストな映像実現する。

 

『VPL-VW555』

カラー:ブラック・プレミアムホワイト
発売日:10月20日
市場推定価格:900,000円前後

『VPL-VW255』

カラー:ブラック・プレミアムホワイト
発売日:10月20日
市場推定価格:495,000円前後

◉共通の主な特長
①独自の「ネイティブ4K SXRDパネル」とデータベース型超解像処理LSIにより高精細な映像表現を実現
有効885万画素(水平4,096×垂直2,160画素)を持つ「ネイティブ4K SXRDパネル」を搭載。さらに、HDの映像信号を4K映像に変換するデータベース型超解像処理LSI (リアリティークリエーション)により、コンテンツに合わせてデータベースから最適なパターンを照合、分類し高精度の4K映像信号を生成できる。

②HDCP2.2、18Gbpsの入力信号(伝送帯域)に対応
4K放送に対応するためのHDCP2.2対応HDMI入力端子を2系統装備。また、最大18Gbpsの高速伝送により、最新のHDMI規格である4K60p 4:4:4 各8bit、4:2:2 各12bitおよび4K24P 4:4:4 各12bitなどの高精細・大容量映像の入力が可能。

③4K「モーションフロー」に対応、なめらかな動画表現を実現
4K「モーションフロー」に対応。残像低減とフレーム補完の2つの機能により、動きの速い映像もなめらかに表現することができる。映像の動きを滑らかに表現するためのモードは『VPL-VW855』・『VPL-VW555』は6種類、『VPL-VW255』は4種類ある。

④HDRコンテンツ再生時に明部、暗部を豊かに表現
プロジェクター視聴時に最適な階調処理の補正を施せる「HDRリファレンス」機能を搭載。HDR10モードと合わせて、暗部の表現もより深くなり、制作者の意図に近いHDR映像を再現できる。

ソニー株式会社