ソニーイメージングギャラリー 銀座、第10回作品展公募受付を開始〜短編動画部門に「ネイチャー動画コース」が新設


ソニーイメージングギャラリー 銀座は、同ギャラリーで作品展を開催したい方に向けて公募を開始した。応募受付期間は、3月28日(月)15時まで。

今回の公募では短編動画部門に「ネイチャー動画」が新設された。揺れる木漏れ日、穏やかな水の流れ、美しい鳥の羽ばたき等動画ならではの表現を生かした多彩なネイチャー・ジャンルの動画作品の応募が可能。

 

 

公募概要

■受付期間
2022年2月28日(月)〜3月28日(月)15時締切

■応募資格
・年齢、経験(プロ・アマチュア)不問。
・日本国内在住の方で、一次審査に合格の場合に二次審査(面談)に出席できる方。
(通常は東京での面談となりますが、新型コロナウイルス感染症対策を考慮しオンラインでの面談となる可能性あり)
・グループでの応募も可能。

■公募部門

【一般公募部門】
プロ・アマ、年齢、撮影ジャンルを問わず応募可能。

【Future部門】
・新人写真家の活動を支援し、展示をグレードアップするための費用(上限あり)をサポート。
・プロ・アマ・年齢・撮影ジャンル不問。(すでに一定のキャリアを築かれている方、プロフェッショナルとしての活動の基盤を形成されている方は対象外)
・自身の負担展示物制作費に加えて上限40万円まで(税込/プリント・マット・裏打ち・額装など/動画を除く/発注先は指定業者の中から選定)と、展示作業にかかる基本費用66,000円(税込)をギャラリーがサポート。

【短編動画部門】
・短編動画専用の部門。
・1画面あたり最長15分の作品を募集。
・個展とグループ展が選択できる。
・複数の作品を展示したい方は作品展で必要な上映画面数を明記。
・実写動画以外に、制作過程においてカメラ、ビデオカメラが重要な役割を果たしているアニメーション手法(ストップモーションアニメ、ロトスコープ等)、ドローン映像、シネマティックVlogなど幅広い動画が対象

コース 応募作品 個展 グループ展
ネイチャー動画コース 「風景」「鳥」「動物」「海洋生物」などネイチャー・ジャンルの映像作品 選択可能 選択可能
自由コース 上記以外の被写体ジャンルの映像作品 選択可能 選択可能

 

■選考方法
一次審査: 2022年3月29日(火)~2021年4月12日(火)※4月12日(火)までに一次審査通過者のみに電子メールにて連絡。

二次審査(面談): 2022年4月14日(木)~2022年4月25日(月)
※指定の期間内に二次審査に出席(新型コロナウイルス感染症対策を考慮し、オンラインでの面談となる可能性あり)
※5月6日(金)までに結果を電子メールにて連絡。

■作品展開催時の作者の負担費用
1)展示作業にかかる基本費用(ソニー指定業者による)66,000円(税込)
2)展示物制作費(プリント・マット・裏打ち・額装など)
3)動画制作、編集費
4)展示物納品時の送料
5)作品展終了後の返却にかかる費用(首都圏以外)
6)ソニー規定範囲外のギャラリー内の表示物
7)案内ハガキ制作費(ソニー規定様式で500枚以内の場合は無償)
8)特殊なレイアウト、備品を使用する場合の機材レンタル代、設置代
9)出展者、出展者が用意する係員の移動に要する費用、宿泊代

■作品展開催の概要
[会場]ソニーイメージングギャラリー銀座
[住所]東京都中央区銀座5-8-1 銀座プレイス6階
[時間]11:00~18:00
[作品展開催]: 2022年6月以降
[展示期間]原則2週間(学校、写真団体は1週間)

 

◉申し込みURL
https://s-gallery.jp/

Sony Imaging Gallery
https://www.sony.co.jp/united/imaging/gallery/