ソニー、立体音響を再現する3.1 チャンネルサウンドバー HT-G700を発表


ソニーは、大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大し、より没入感のある立体音響を再現する、「DolbyAtmos(ドルビーアトモス)」「DTS:X」に対応するサウンドバー『HT-G700』を6月13日に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は6万円前後(税別)。

 

『HT-G700』は、高さ方向の音を表現する独自のバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround
Engine(バーティカル サラウンド エンジン)」の信号処理に加え、前後左右のサラウンドを表現するデジタル音場処理技術「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載。これにより、サラウンド音場の拡大を実現し、より没入感のある立体音響を再現する。

また、「S-Force PROフロントサラウンド」の高さ方向の拡張とセンタースピーカーの搭載により、音像の定位を上げることで、映画やドラマのセリフ、ニュース番組のナレーションなどを明瞭に届けることができるとしている。さらに、付属のワイヤレスサブウーファーを組み合わせることで、クリアな高中域と深みのある豊かな低音を楽しむことができる。

バースピーカーのサイズは980(幅)×64(高さ)×108(奥行)mmで、重量が3.5kg。サブウーファーのサイズは192(幅)×387(高さ)×406(奥行)mmで、重量が7.5kg。

 

▲サブウーファー(左)、バースピーカー(右)

 

 

主な特長

1. 大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大

高さ方向の立体音響を表現するソニー独自のバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine」の信号処理を大画面テレビに合わせて最適化。さらに、前後左右のサラウンドを表現するデジタル音場処理技術「SForcePROフロントサラウンド」を搭載することで、広大な音場と音に包みこまれるような没入感のある立体音響を再現。リモコンの「ImmersiveAE(Audio Enhancement)」(イマーシブ オーディオ エンハンスメント)ボタンを押すだけで簡単に立体音響を楽しめる。ディスクメディアやストリーミングサービスで増えている「ドルビーアトモス」や「DTS:X」対応コンテンツだけでなく、テレビ番組などの2 チャンネルコンテンツにおいても、3 次元の立体音響をより高音質で臨場感あるサラウンドで楽しめる。

▲「Immersive AE」の使用イメージ

 

 

2. 明瞭なリスニング体験を提供

左右2 基のスピーカーだけでなく、本体中央にもスピーカー(センタースピーカー)を搭載しクリアな音声を実現。これに加え、デジタル音場処理技術「S-Force PROフロントサラウンド」技術により、音像を高く定位させ、映画やドラマのセリフやニュース番組の音声がテレビ画面から直接きこえるかのような体験ができる。また、映像コンテンツの再生だけでなく、音楽試聴にも最適で豊かなリスニング体験を実現。

 

3. クリアな高中域と迫力の低音を両立したスピーカーユニット

従来モデルに比べて容積を大きくしたワイヤレスサブウーファーは、より低域の重低音の再生に特化。中高域から低音までの迫力あるサウンドを楽しめるバースピーカーと組み合わせて使用することで、クリアで聞き取りやすく、かつ迫力の重低音との両立を実現。

 

 

◉製品情報
https://www.sony.jp/home-theater/products/HT-G700/

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/