ソニー、セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサー『IMX415』『IMX485』の商品化を発表


▲『IMX415』(左) 『IMX485』(右)

 

ソニーは、世界最小1/2.8型セキュリティカメラ向け4K解像度CMOSイメージセンサー『IMX415』と『IMX485』の商品化を発表。サンプル出荷時期は、『IMX415』は4月からすでに出荷、『IMX485』は7月出荷開始予定。サンプル価格は、『IMX415』が2,500円、『IMX485』が10,000円(ともに税抜)。

同社は、今後のスマートシティの拡大を踏まえ、防犯・防災、交通、商業施設を始めとしたさまざまな監視用途で急速に普及が進むセキュリティカメラ向けに、4K解像度で世界最小1/2.8型の積層型CMOSイメージセンサー『IMX415』を商品化。加えて、4K解像度で従来比23.3倍の高い低照度性能を実現する、1/1.2型裏面照射型CMOSイメージセンサー『IMX485』もあわせて商品化する。

また、これまで難しいとされてきた、4K解像度での高い画像認識・検知性能と低照度性能の両立を小型で実現し、多様なシーンでの高画質撮像を可能にするCMOSイメージセンサーのラインアップを拡充することで、幅広いセキュリティカメラの展開に貢献するという。

 

主な特長

世界最小1/2.8型のセキュリティカメラ向け4K積層型CMOSイメージセンサー『IMX415』

セキュリティカメラ向けとして、世界最小1/2.8型で4K解像度を実現するCMOSイメージセンサーを新開発。独自の高感度・低ノイズ技術を駆使し、画素サイズを従来比約80%の1.45um角に微細化することで、1/2.8型の小型でありながら、低照度性能が従来のCMOSイメージセンサーに比べて1.5倍向上。また、低ノイズ回路を搭載した積層型構造を採用することで、暗いシーンでも鮮明な映像の撮像が可能となる。1/2.8型は、小型で設置場所を選ばず、セキュリティカメラ用途で需要の高いラインアップ。

▲IMX415の画像(左)と従来(IMX274)の画像(右)

 

高い低照度性能を実現する、1/1.2型4K裏面照射型CMOSイメージセンサー『IMX485』

4K解像度で高い低照度性能を実現する、1/1.2型のCMOSイメージセンサーを新開発。画素サイズを従来比22.1倍の2.9um角にし、最新の画素技術を適用した低ノイズ化により、低照度性能が従来のセキュリティカメラ向けCMOSイメージセンサーに比べて3.3倍と飛躍的に向上。これにより、暗いシーンでも物体を正確に検知し撮像できる。ハイエンドの4K対応セキュリティカメラ向けに、新たなイメージセンサーの光学サイズとなる1/1.2型を提案。


▲IMX485の画像

 

◉詳細情報
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201906/19-058/

ソニー株式会社
https://www.sony.co.jp/