ソニー、4K 2/3型イメージセンサー搭載のXDCAMショルダーカムコーダー『PXW-Z750』を発表


ソニーは、報道取材現場で幅広く活用されているXDCAMショルダーカムコーダーとして、グローバルシャッター機能を含む4K 2/3型3板式CMOSイメージセンサーを搭載した最上位機種『PXW-Z750』を発売する。発売日は2020年2月で、市場想定価格は4,200,000円(税別)。

本機は4K 2/3型イメージセンサー搭載のショルダーカムコーダーとして初めて、3板式を採用しており、高い色再現および高感度を実現。また、グローバルシャッター機能の搭載により、フラッシュバンドが発生せず、動きの速い被写体も歪みのない4K高画質の映像で撮影できる。

主な特長

1. 4K 2/3型イメージセンサー搭載ショルダーカムコーダー初の3板方式を採用し、高色再現・高感度を実現

本機は、光の三原色(R、G、B)それぞれに1センサーを対応させる3板式を採用することで色再現性が向上。さまざまな照明環境でも正確な色で収録でき、立体感のある4K映像表現が可能。また、最新のイメージセンサーおよび信号処理により、高解像度に加えて高感度を実現し、夜間や暗所での撮影でもノイズの少ない映像を収録できる。なお、2/3型イメージセンサーの採用により、既存のB4レンズ資産も活用でき、B4レンズならではの深い被写界深度での4K/HD撮影や素早いフォーカス操作も可能。

2. グローバルシャッター機能により、フラッシュバンドや歪みのない映像表現を実現

イメージセンサーにグローバルシャッター機能を搭載。これにより、カメラのフラッシュが多くたかれる報道の現場でフレーム上下の明るさが異なって記録されるフラッシュバンド、および、スポーツや音楽ライブなどの動きの速い被写体で起きやすい動体歪みが原理的に発生しないため、さまざまな現場で、高品位な映像を撮影できる。

 

3. 高効率圧縮・低ビットレートを実現したビデオフォーマットXAVC-L422 QFHD 200に対応

独自開発のコーデックチップを搭載し、高効率圧縮・低ビットレートを実現したXAVC-L422 QFHD 200に対応。10bit / 4:2:2サンプリングにより、HDRの広いダイナミックレンジを維持したまま、データサイズを従来比約1/3に圧縮できるため、高画質な映像制作と長時間収録の両立が可能。

4. HD 120fps のハイフレームレート撮影が可能

HD収録時には最大120fpsでの撮影が可能。23.98p記録の場合、最大5倍のスローモーション撮影が可能となるため、機動力に優れたショルダースタイルのカムコーダーでありながら、これまでにはない印象的なスローモーション撮影が可能になる。

5. ワークフロー効率化・柔軟なオペレーションを実現するさまざまな機能を搭載

4K HDR/HD SDRの同時記録が可能で、4K HDRライブ制作のワークフロー「SR Live for HDR」にも対応。さらに、ポストプロダクションの時間を短縮してHDR映像制作を実現するインスタントHDRワークフローに対応している。S-Log3とHLG(Hybrid Log-Gamma)の2つの方式を採用することで、HDR運用の自由度を高めている。

従来のHD運用時と同様に、1本の同軸ケーブルで4K/60p映像を伝送できる12G-SDIに対応しており、周辺機器との接続性が向上。また、ネットワーク機能を内蔵しているため、現場からの生中継(ストリーミング)やファイル転送ワークフローを本体のみで実現可能。報道制作向けクラウドサービス「XDCAM air(エックスディーカム・エア)」に対応することで、特に即時性が求められる報道用途やチームでの作業の多い制作用途において、効率的な素材管理を実現できる。

 

◉製品情報
https://www.sony.jp/xdcam/products/PXW-Z750/

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/